« シューティング | トップページ | ボラカイ2 »

2005年10月 6日 (木)

ボラカイ1

hikoki1 フィリピンのリゾートといえばセブなどが日本では有名ですが、まだまだ良い所はたくさんあります。ボラカイ島もそのひとつです。マニラから南に約400キロの所にあるとても小さな島です。パナイ島の北東に位置しており、島は南北に7キロ、東西に1~2キロという細長い形をしています。特徴は4キロも続くホワイトサンドビーチです。

マニラから飛行機で約1時間、パナイ島のカティクランに降り立ちました。飛行場にニワトリが放し飼いになっているような超ローカル空港ですが、小奇麗できちんとした兵士が警備にあたっていました。警備面は特に問題ないようです。空港前にはホテルのスタッフが迎えに来ていました。マニラの旅行代理店でクラブパノリリゾートというホテルを予約していたのです。マイクロバスに乗り込み5分ほどで船着場に。船着場にはホテル専用のバンカーボートがすでに待っていました。ゲートのようなところでパスポートと荷物チェックを2回も受けました。かなりセキュリティーチェックは厳しかったですね。ちょうどこの頃テロが頻発していたので尚更です。フィリピンでは珍しい安全な観光地というイメージを壊したくないのでしょうね。

ボートは我々の一行だけで出航しました。さすがに海はきれいです。波も嘘のように穏やかです。ほとんど揺れも無く20分ほどでボラカイ島に到着しました。bankar1

|

« シューティング | トップページ | ボラカイ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/6200603

この記事へのトラックバック一覧です: ボラカイ1:

« シューティング | トップページ | ボラカイ2 »