« 2005年8月21日 - 2005年8月27日 | トップページ | 2005年9月4日 - 2005年9月10日 »

2005年9月 3日 (土)

市場での仕事

今まであまり考えたことは無かったですが、市場の仕事は活気があっていいですね。ただ長時間営業で休みもなかなか無いというのが、玉にキズですかね。

たまたまテナント募集が出ていたので回りを観察してみることにしました。やはり人手が多いのは肉・魚・野菜のいわゆる生鮮3品の店でしょうか。でも これは素人には難しそうです。CDショップも個人的に好きですが、市場の中だとどうしてもパイレーツ(海賊版)中心の商品構成になってしまうのでやや危険ですね。取り締まりはあまり無いとはいえ非合法ですから。衣料品店はどうやら流行り廃りがありそうです。市場の中の店はあまり品質が良くないようです。値段で勝負っていう感じですかね。携帯屋さんは一見よさそうですが、たくさんありすぎて暇そうです。繁盛しているのは、市場の周辺にある小奇麗なレストランやジャンクフード店。ここはどこもお客さんでいっぱいです。あとネットカフェも満席状態でした。

Bちゃんはしきりに米屋を薦めます。理由を聞くと友達に米屋がいるからだそうです。(笑)米屋はというと星の数ほどありますね。20メートル毎にあるといった雰囲気です。毎日の主食とはいえ、そこそこのお客は入ってはいますが、商売の中身はどうなんでしょうかね。

ためしに友達だというCちゃんの米屋に行ってみました。やや広めの店舗でスタッフ5名で切り盛りしていました。価格が安いのか客足は絶えません。どうやら薄利多売がお店の売りのようです。Cちゃんは23歳、小柄で細身の美人でした。親子3代で米屋をやってきた老舗です。父親が病気で早期引退したため、今は彼女が店長として頑張っているそうです。話を聞くと米屋はたくさんあるから、やるんだったら他店との差別化を図らないとダメだそうです。それさえうまくいけば、まあまあの商売だそうです。アドバイスならいくらでも協力するとう優しいお言葉を戴きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

テナント募集

その私営市場は、公営市場から4~5分の距離のところにありました。近くには大型スーパーも建設予定だそうです。30台ほどの無料駐車場も完備しています。自慢は24時間のセキュリティ。順次ガードマンが巡回しているそうです。残念ながら家賃の安い所はすでに契約済み。残っているのは、駐車場そばの角店と中ほどの数件だけでした。シャッター付き店舗で、奥には台所とやや広いストックヤードがありました。トイレとシャワーさえあれば暮らせそうな感じです。価格は月18.000Pで3ヶ月前払い。結構高いですね。しかもオーナーはかなり強気です。どうせ借りるなら駐車場近くの角店がいいだろうなとその時は軽い気持ちで考えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

市場

パレンケ(市場)は活気があって面白いですよ。果物・魚・肉・米・雑貨類・衣料品なとなど所狭しと商品があふれています。朝は4時ごろから夜は8時くらいまで営業してます。人出が多いのは、昼前と夕方です。喧騒とさまざまな臭いがミックスされた独特の雰囲気は、私は好きです。よ~く観察してみると、皆さんそれぞれ頑張って値切っていますね。こちらではこの買い方が常識のようです。やりてのおばちゃんなど、なにやらまくしたてて1Pでも安く買おうと粘っています。まあ市場はこのやり取りが面白いのです。自分も果物を買うのに思いっきり値切りました。金額で値切ると渋いのですが、これ3つ買うから1つサービスしてね などというと結構応じてくれます。

市場には公設の公共市場と私営の市場があるようです。たまたま歩いていたら、新設の私営市場のテナントを募集していました。一月15.000P~だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月31日 (水)

ダメな仕事

フィリピンでは、成功しにくい仕事がいくつかあります。サリサリショップ・ラーメン屋・米屋などなど捜せば結構あるようですね。

ではサリサリショップについて、ちょっと書いてみましょう。サリサリとはいわゆる日本のよろずやといった感じでしょう。よろずやといっても現在は死語なのかな、コンビニの縮小版といえばわかりやすいでしょう。薬から雑貨・食料品・はては衣料品まで生活に必要とおぼしき物はすべて取り扱っています。街中の至る所に存在します。自宅の片隅を1~2坪の店舗として開業している所が多いです。しかも わずかな資金でも開店できるので、始める人達が多いのでしょう。なんせ至る所にあるので、庶民感覚でとても便利なのです。商売としてはとても薄利だと思います。仕入れも卸からではなく、近くのスーパーマーケットなどから仕入れているのが実情です。しかもお客さんはご近所さんですから、当然ツケで買ってますね。この現金販売が少ないというのも経営を圧迫している理由の一つでしょう。それと家族たちの日常的な着用。これが意外とでかいようです。家族たちは自分の店だから、当然お金は払いません。しかも毎日ですからね。結構な金額になっていくようですよ。

以上のことから、つぶれていくサリサリも多いと聞いています。逆にすべて現金販売で、仕入れも工夫し、家族の着用も無ければ そこそこの商売でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

石鹸工場2

結局、総合的に判断すると、Bちゃんは知人の石鹸工場オーナーにうまく乗せられていることが判明しました。やはり二番煎じではいけません。しかも専門的知識がないとダメですね。工場のスタッフにこっそり聞いた話ですけど、生産工程での爆発事故はちょくちょくあるそうです。過去に何人か亡くなっているそうです。現地では保障もほとんど無いそうですね。やはり羽振りのいいのは、オーナーだけのようです。とりあえず保留ということにしました。

息抜きにパレンケ(市場)へ買い物に。ここはいつでも人でごった返しています。夕方などは特に人がいっぱいで歩けないほど混雑します。どうせやるなら市場で商売なんかもいいですね。美人のお姉さん方もたくさんいますしね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

石鹸工場1

後日、持参した事業プランを検討いたしましたが、今ひとつ具体的ではありませんでした。そこで、まずBちゃんの知り合いの石鹸工場を視察してきました。ここは中規模の設備とそれなりのベテランスタッフが仕事を仕切っていました。小さいながらも活気があり、販売ルートもしっかり確立されているようで、景気も良さそうでした。なんなら下請け工場としてやってみないかというお話もいただきました。

その後、Bちゃんの工場予定地を視察しました。これまたジャングルの中ですよ。フルーツは取り放題ですが、電力とか水道は本当に引けるのでしょうか?一気にいろいろな問題点が出てきました。仮に下請けとしてやっても採算がとれるのか検討もしてみました。

計画の詰めに入れば入るほど難しい課題がでてきます。う~ん これは難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

次の仕事?

ひょんなことからかつてのタレントBちゃんと知り合いになりました。日本には静岡・山梨・東京と3回行ったことがあるそうです。日本語も何とか理解できる程度はOKなので助かりました。Bちゃんはまた日本に行きたいそうですが、この状況では難しいのでここでの仕事を探しているとのこと。自宅はマニラ郊外の高台にあるシティ。高級住宅街もあり環境も良いところです。彼女はそこから少し離れた一応ビレッジと呼ばれている所に住んでいました。亡くなった母親は資産家だったので、それまではまあまあの生活をしていたようです。財産はほとんど父親が引き継ぎ、新しい愛人と新しい生活をはじめており、実子の面倒は一切見ないらしい。いかにもフィリピンらしい話です。

家庭環境を調査する為に幾度か訪問してみました。本人も含め兄弟にはそんなに悪そうな人達はいなかったですね。彼女の提案したプランは石鹸の生産でした。実家の土地に工場をたてて石鹸の製造をするというものでした。もちろん今回は半端なお金ではできそうもない事業です。当然ミリオン単位の話です。とりあえず詳細なプランを作るようにお願いして、再度検討することにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月21日 - 2005年8月27日 | トップページ | 2005年9月4日 - 2005年9月10日 »