« タガログ語のテキスト | トップページ | NIPS »

2006年1月27日 (金)

タガログ語のテキスト(続)

libro9 さて今回はピーナちゃんとラブラブ会話を楽しむのに最適なテキストをご紹介しましょう。
フィリピン関係のHPにもラブラブ会話はたくさん載っていますが、市販本ですと情報センター出版局の『恋する指差し会話帳』などがあります。フィリピン関連では有名な白野さんが書いている本です。イラストがたくさんあり眺めていても楽しめる本ですね。会話の状況別に細かく分かれていて、たとえ自分がしゃべれなくても会話の部分を指差すだけで、コミュニケーションが出来るように構成されています。

同じ白野さんの本では、アドマーズから出ている『ラブラブフィリピン語会話 フィリピンパブ編』というのがあります。こちらはまだ読んだ事がないのですが、かなり突っ込んだ会話も載っているようです。CD付きというのも嬉しいですね。
ただ電車の中などで読むのには、ブックカバーを付けていないとちょっと恥ずかしそうですね。

参考までにアドマーズのHPです。
http://www.admars.co.jp/tgs/love0402.htm

|

« タガログ語のテキスト | トップページ | NIPS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/8336228

この記事へのトラックバック一覧です: タガログ語のテキスト(続):

« タガログ語のテキスト | トップページ | NIPS »