« 2006年1月1日 - 2006年1月7日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »

2006年1月12日 (木)

GLOK26

glock26 GLOK26はグロックシリーズ最小の9㎜オートマチックピストルです。グロック17の小型携帯モデルといっていいでしょう。シリーズ同様に樹脂製フレームで圧倒的な軽さが特徴です。全長わすが182㎜、重量わずか560gです。装弾数は10+1発、弾は9㎜×19㎜です。
かなり小さいですから、携帯が楽です。隠し持つには最適の銃でしょう。麻薬捜査官やシークレットサービスなどの護衛の方々に人気があるようですね。
マニラでは以前にグロック17を試射したことがありました。装弾数17+1発なのですが、1マガジン撃たないうちに2回もジャムを起こしてしまい、撃つのをやめた記憶があります。たぷん粗悪品の模倣銃か、もしくはよほど手入れが悪かったのか不明でしたが、指が吹き飛ぶ前にやめたのが正解でした。マニラでは粗悪銃が氾濫しているので特に注意が必要です。
そんなことが以前あったので、グロック26を用意したよという連絡があっても安易に撃ちに行く気がしませんでした。
ちなみに友人たちはグアムのワールドガンといシューティングレンジ専門です。マニラなんて危なくて行けないよと言うのが彼らの口癖です。
結局、なかなかグアムまで行く機会が無いのでマニラで撃って来ちゃいました。(怖)
普段はこのグロック26はありません。いつもはハイカップのみなんです。9㎜オートマチックといえばここでCZ75・SIG220・グロック17・ワルサーPPK/S・ベレッタ92Fなど用意してもらったことはありますが、どれもあまり状態の良くないものでした。強いて言えばCZとSIGはかなり使い込んでありましたがまあまあでした。そんな状況なので騙されてもいいやと思って行って来ました。
実際手に持ってみると小さいです。まるでオモチャですね。もともとプラスチック製(おっと樹脂製フレームと言った方がかっこいいですね)なので、どうしてもオモチャっぽく見えます。重さは前記の通り560gなのですが、装弾するとちょうど良い重さになります。グリップは短いのですが、ホールド感はいいですね。あと銃の大きさからすると異様にもでかいサイトはとても狙いやすくGOODです。
スタッフいわく『本物だから心配ない』だって。こんなこと言われると余計信じられなくなりますね。見た目は本物っぽいんですけどね。実際スタッフも借り物なのでよくわからないというのが実情でした。
撃ってみると調子は絶好調でした。リコイルは結構きついのですが、制御できる範囲内でした。とても狙いやすい銃で、一気に気に入ってしまいました。
日本人はフィリピンでは銃を携帯することが出来ませんが、もし携帯できたとするならば、迷わずこの銃を選択すると思います。護身用には最適です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

MAPA

mapa2 mapa3 タガログ語で地図のことをMAPAといいます。日本と違って地図を見たことがない人がフィリピン人にはたくさんいます。だから地図を見せてあげると食い入るように見ています。なかなか返してくれません。ちょっとしたショックでしたね。学校の社会とかの時間に勉強しないのでしょうか?
そんな感じの国ですから、ナショナルブックストアに行ってもろくな地図がありません。道路マップに至っては最悪です。日本のように詳細なものはごくわずかしかありません。メトロマニラ周辺はCITIATLAS METRO MANILAという地図本が優れていますが、地方に至っては大きい一枚タイプの地図しかありません。一部観光地図本のようなものもありますが、これも無いよりはましと言うぐらいですね。やはり需要が少ないということでしょうね。

一番上の写真のCITIATLASは結構細かくメトロマニラ全域をカバーしているので、現地に住むのであれば必需品です。親切にも小型版と大判の2タイプが出てます。価格は小型版で330Pでした。
自分は結構地図好きなんです。自分がどのような所にいるのか、又どのようなルートで移動したかが結構知りたいのです。また助手席で地図を見ながら道案内するのも好きです。mapa1

以前帰国の際、飛行機で隣り合わせになった日本人の方にいろいろとお話を聞いたのですが、自分がフィリピンのなんと言う場所に行ったのか、また自分の泊まったホテルの名前さえ知りませんでした。すべてマハルコちゃんに任せていたからよくわからないという答えです。ただ車に2時間ぐらい乗ったことしかわからないと言っていました。(笑)
まあ無事に帰国便に乗られている訳だから何事も無かったのでしょうけど、こういう痛いオヤジさんには参りますね。もうちょっと危機管理の認識を持ってもらわないと、この国では大変なことになる危険があります。
日本で旅行したって少なくても行った場所ぐらいはわかりますよね。ましてここは外国のフィリピンですからね。行く場所の地名ぐらいは、事前にガイドブックで見るなりして知っておかないといけないですね。
このオヤジさんの行った所はレストランとショッピングモールだけで、3日間でなんと50万も使い切ってしまったそうです。全部マハルコちゃんとその家族のために買ってあげたそうです。とても優しい方だと思います。(激痛)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

SABON

likas 石鹸のことをSABONと言います。フィリピンにはいろいろなハーブ石鹸があります。主にPAPAYAを主成分としたハーブ石鹸が人気があるようです。効能としてはパパイヤの酵素パワーによって、皮膚の角質が取れてツルツルになるというものです。実際使ってみると普通の石鹸よりはるかにいいです。夏場はとくに肌がツルツルになります。冬場は石鹸の種類によって脂肪分が取れすぎてしまうものもありますので、ご自分の肌に合った種類を選ぶのが良いかと思います。
マーケットでざっと見ただけで5~6種類のパパイヤ石鹸がありました。
写真のLIKAS  PAPAYAは老舗のハーブ石鹸です。成分もしっかりとしているようですが、香りがいまいちかな。まあ香料を入れない天然の香りなんでしょうね。とても肌にやさしい石鹸でおすすめです。価格は40P前後です。silka2 silka1

香りが良いのがSILKAです。オレンジ色の箱が普通のパパイヤで、グリーンの箱がグリーンパパイヤになっています。これは香りがなんともいえなく良いので愛用しています。癒し系の香りなんです。オレンジとグリーンの違いは微妙ですが、グリーンの方がやや成分が濃い感じがします。価格はLIKASより若干安く30P前後です。

他にもパパイヤの葉っぱ入りとか、色んな種類があって面白かったです。
そのうちまたレポートしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月1日 - 2006年1月7日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »