« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006年2月11日 (土)

OPMの覚え方

libro8 先日のOPMオフ会でも参加者に色々と聞いてみたのですが、今回はOPMの覚え方について書いてみましょう。

結論から言うと簡単な覚え方はありません。

とにかく曲を繰り繰り返し何十回と聴く事です。
だいたい100回ほど聞き込むとメロディや歌詞も覚えてきます。要するに丸暗記してしまえばいいのです。
なあんだあ~ そんなことかと思われるかも知れませんが、実際やってみると根気の要る作業となります。好きでなければ出来ないでしょうね。

ある程度丸暗記が出来たら次のステップです。
今度は歌詞を見ながら何回か歌って行きます。出来ない所だけ集中して何回も練習します。

最後の仕上げはカラオケBOXです。通しで歌ってみます。10回ほど歌ってみればもうOKです。次回はお店でお披露目といった流れでしょうか。

大体 1曲マスターするまで2~3週間ぐらいですね。スローテンポの曲なら数日で覚えられます。
なかなか手ごわいのがラップ調の歌ですね。これは相当気合をいれないと難しいです。

もちろん歌詞の意味もできれば理解していたほうが、覚えやすいのですが、歌の歌詞は結構辞書に載っていない語句が多いのです。たぶん古い言い回しやスラングなどがあるからだと思います。
日本でも歌で覚えるタガログ語というような本が3種類ほど出ています。
『ヒット曲で覚える アジアのことばVol.1 フィリピノ語』上記写真のこの本は、実は私がOPM好きになったきっかけの本でもあります。続編を期待しているのですが、なかなか出ませんね。

あと白野さんの『J-POPS歌って楽しむフィリピノ語』というのも2冊出ています。libro11 libro12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

祝 10.000

おかげさまで本日、累計アクセス数が10.000件を超えました。
始めた頃は1日のアクセス数が10件ほどで、先が全く見えなかったのですが最近アクセス数もやっと伸びてきました。

最初はフィリピンでの仕事の話を中心に発信していこうと考えていたのですが、フィリピンでの起業ははっきり言って難しいです。さまざまな諸問題が次から次に出てきます。
このブログの冒頭にも書きましたが日本で稼いでフィリピンで消費するこれが一番です。
ただ自分の場合は、フィリピンでまったりと生活するのが夢なので、あきらめる訳にはいきません。なんとか食い扶持ぐらいは稼がないといけませんからね。
現在良いスタッフに恵まれているので、なんとか頑張っていきたいと思います。

そんな訳で、今後バラエティ中心の話題になっていくと思いますがご容赦ください。中途半端なプログなんですが、読んでいる皆様がいるというだけで嬉しいですね。これからもマイペースでフィリピン関係の話題を提供していこうと思います。よろしくお願いします。
それと、たまにはコメントをいただけると嬉しいです。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

Ninong

ninong1 昨年、渡比した際に、提携先のオーナーのお孫さんの洗礼式に参加してきました。まあ、縁あって無理やりニノンにされてしまった訳ですが、これも名誉なことと受け止めなければならないのでしょうね。

ニノンとはいわゆる子供の後見人です。クリスマス・誕生日・そして節目節目ごとにプレゼントや援助をするのです。医師や弁護士などの金持ちが多く頼まれるそうですが、日本人も同様で頼まれやすいですね。
この子供の場合はニノン(教父)ニナン(教母)合わせて8人もいました。日本人は私だけでしたが、皆それなりに裕福そうだったので、ひと安心といったところです。
洗礼式の後はパーティがありました。生バンドも呼んだりしてかなり賑やかでした。

お祝いは、あまり目立ってもしょうがないので現地人と同じ程度にすることにしました。ここは田舎なのでだいだい現金500~1000Pと簡単な贈り物だけそうです。

もうすぐ誕生日が来るので、日本のゆかたか甚平でも送ってあげようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

OPMオフ会

先日、東京の某所でOPM(フィリピンの音楽)好きの方々の飲み会がありました。だいたいは東京近郊の方なんですが、一番遠くは、なんと長野県から来ていただきました。
最初は食事処で盛り上がり、いざOPMを歌いにPパプに出撃です。
OPMといっても英語曲とタガログ語曲の両方があるのですが、今回は英語専門が2名、タガログ語専門が2名、英語・タガログ両方の使い手が2名というメンバーでした。
ちなみに自分はタガログ語専門です。英語曲は発音のセンスが悪いので、歌えません。

お店に入ると皆手際よくリクエストナンバーを入れていきます。ブックに無い新曲も皆さんリスト持参ですから驚きです。あっという間にすごい曲数が入ってしまいました。
歌いだすとピーナ達の驚き様はスゴイなんていうものでは無かったです。仕事そっちのけでノリノリ状態でした。
上には上がいるもんですね。皆さんのレベルはかなりなものでした。いや~参りました。
自分も修行しなおさないと・・・・・・・(汗)

みなみに1次回から4次会までに参加者が歌った曲リストです。たぶん他のお客さんは迷惑だったかな?

  1. pinoy ako

  2. hanggang kailan

  3. totoy bibbo

  4. gasoline

  5. dilemma

  6. pangarap na bitin

  7. buloy

  8. it's my life

  9. sana kahit minsan

  10. get busy

  11. kailan pa ma'y ikaw

  12. huwag na huwag mong sasabihin

  13. no one else come close

  14. the flame

  15. this love

  16. in the end

  17. pitong gatang

  18. kikay

  19. I'll be there for you

  20. pamera

  21. batang bata ka pa

  22. hanggang

  23. muntik nang maabot ang langit

  24. tombo (タガログ) 

  25. kailangan kita

  26. rainbow

  27. wings

  28. hindi na bale

  29. bawal na gamot

  30. don't lie

  31. same where I belong

  32. bed of roses

  33. sweet bring me to lif

  34. pangako(デュエット)

  35. where's the love

  36. sea of love

  37. awit ng barkada

  38. cool ka lang

  39. anak

  40. dadalhin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

最近やっとわかったこと

最近とあることでやたらイライラしておりました。普段はストレスが全く堪らない能天気な性格なんですが、このことに関しては随分と悩んでいました。
誰かに相談しようかなと随分悩みましたが、なんかバカにされそうで怖くて出来ませんでした。

実は最近クツを新調したのです。HAWKINSのトラベラーというクツです。非常に履きやすくて気にいっているのですが、やたらとクツ紐がほどけるのです。どんなに硬く結んでもすぐにほどけます。何回結びなおしてもダメです。ものの5分ほどでほどけてしまいます。満身の力をこめて結んでもダメでした。今まで紐靴を履いていてもこんな経験は無かったのです。
いちいち立ち止まって紐を結びなおす作業を何度したことか。数え切れません。
これには超ストレス溜まりました。クツを捨ててしまおうかと何度思ったことか・・・・・・

いろいろと考えました。結び方が悪いのか?それとも紐が悪いのでしょうか?

そこでとりあえずクツ紐を観察してみることにしました。すると他のクツ紐に比べて紐の表面がツルツルしているではありませんか。
触ってみるとなんと摩擦抵抗がほとんど無のです。まるでテフロン加工された紐のようです。(笑)
こんなことがあるのでしょうか? あるんですね。これが・・・・・・
これではすぐにほどけてしまいます。それではどうするかです。

  1. 紐の摩擦抵抗を上げるために表面をヤスリで毛羽立たせる。
  2. めんどくさいから結んだ状態で接着剤で固める。
  3. 紐をほどけないものに交換する。

考え付いたのはこの3つなのですが、どれも妙案ではなさそうです。
その時フト、マラソンランナーがクツ紐のほどけない結び方をしているというのを何かで見た記憶がよみがえりました。
困ったときの神頼み、さっそくインターネットの検索です。

ありました。ありましたね。さすがに頼りになりますね。ほどけないクツ紐の結び方というのがありました。
蝶結びの蝶の部分を長めになるように結んで、蝶のワッカの部分をひと結びすればいいだけです。これで絶対にほどけないんだそうです。こんな簡単なことで悩んでいたなんてほんとにおバカさんですね。

皆さんもご存知でしたか?

参考までに この方法もあります。こちらの方が結び目はきれいです。 
http://www.rakuten.co.jp/asics-trading/462943/452852/535639/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »