« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

2006年2月18日 (土)

カレーライス

よくフィリピンのスタッフに日本料理を食べたいとリクエストされます。マニラにはたくさんの日本レストランがありますが、ここケソンプロビンスには無いのです。よって手作り料理になるわけです。自分はアウトドア派なので料理は結構得意なほうです。ルセナの市場では新鮮な魚が手に入るので、寿司を握ってやろうと思ったのですが刺身はNGということなので、日本のお気軽定番料理のカレーを作りました。野菜もタップリ入ったチキンカレーを4時間ほどじっくり煮込んで気合入れて作りました。ルーは持参しておいた熟カレーです。味もバッチリに仕上がりました。

ところが彼らが食べ始めると、全員微妙~というような表情をするではないですか。しかも全員口を揃えたようにマサラップ!とはいうのですが、よ~く観察してみるとあまり食が進んでいません。(大泣)
どうやら日本式のカレーは口に合わなかったようですね。せっかく大量に作ったのに~。

悔しいので残りは全部自分で食べました。

しばらくは日本食を食べたいと言わなくなったので密かに喜んでいたのですが、、なぜか最近また思い出したように言い始めました。お前らも懲りない奴らだなと軽くかわしていたのですが、やたらしつこいのです。今度はカレーでないのがいいとはっきりとリクエストされました。

なにが好きなの?と一応聞いてみたら
『SEAFOOD NOODLE PO!』だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

FinePix F11

先日フィルムカメラの話題を新聞で見ましたけど、ついに大御所のニコンでもフィルムカメラの一眼レフの新規開発を全面的に中止したそうです。フィルム一眼レフで残るのは現行2機種のみ。これもいつまであるかですね。
今時、フィルムカメラを買う人はさすがに少ないですからね。
自分は写真が趣味だったので、結構古いカメラはたくさんあります。一番長く使ったのは、キャノン7とニコマートFTNです。ヤシカエレクトロ35なんていうのもありましたね。鉄道写真の時はペンタの6×7・ローライフレックスなんかも愛用していました。これらのカメラはすべて今は亡き親父のものなんですけどね。学生時代はさすがに自分で買うことはできませんでした。

最初に自分で買った一眼レフはニコンFEです。当時メチャ高かったニコン80~200㎜ズームも奮発して買ってしまいました。このカメラはシャタースピード優先オートで、鉄道写真撮影が結構多かったので、とても適したカメラでした。とても使いやすくてお気に入りの1台でした。今でも手入れだけはしています。

デジタルカメラ時代になっても、いろいろと難癖付けて購入を見合わせてきたのですが、最初に買ったデジカメがソニーのサイバーショットT1です。まだまだタイムラグもあり、感度不足という欠点もありましたけどね。現在出ている後継機種のT9はなかなか良さそうです。
ディスプレイの発色がウソのように鮮やかです。大きさもさらに小さくなり、感度もアップして手ぶれ補正も付いたようです。あっという間に進化しますね。

愛用しているT1のスライドカバーが接点不良気味で、スイッチのオンオフが上手く出来ないので、修理も兼ねて先週秋葉原のヨドバシに行って来ました。

デカイ!広い!何でもある!

初めて行ったのですが、すごいですね。マニアの自分でも満足できそうな品揃えです。しかも安い!行く前に立ち寄った上野店よりも若干安いものもありました。
ここでデジカメを色々と物色、最終的に感度優先のコンパクトカメラという条件で選んだので、フジのファインビクスF11が第一候補になりました。唯一の欠点は記録メディアです。XDピクチャーカードなどというオリンパスとフジしか使っていない変なメディアを使用していましたが、カメラの機能優先と致しました。

愛用している友人に聞くと、発色もかなりいいと言うことだったので、迷わず購入しました。ポイントを差し引くと正味38.000円ぐらいで購入できました。ヤマダ電機では42.000円前後だったので、かなり満足です。今月中旬に現地入りするので、いろいろと撮影してこようと思います。f11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

JUICE

juice1 フィリピンでジュースといえば粉ジュースが主流です。果物が豊富なのにこれは意外な事実です。
現地の人達に聞いても圧倒的に粉ジュースの方が人気があるようです。何故でしょうね?前からの疑問でした。フレッシュジュースは全く無いわけではないのですが、流通量は比較的少ないようですね。マンゴやオレンジのフレッシュジュースはよく見かけますが、買っている人は意外と少ないみたいです。やはり価格差が原因なんでしょうね。
スーパーに行っても圧倒的に粉ジュースが多いのです。しかも種類も豊富です。マンゴ・オレンジ・パイナップル・カラマンシー・ブコーなどなど。値段も安いし、味のほうも結構美味しいのです。それと大量に簡単に作れるので、人気があるんでしょうね。

あと中流ホテルでも粉ジュースが多いですね。残念ながら一流ホテルはまだ解りませんが、シャングリラやペニンシュラーぐらいならフレッシュジュースがあるかもしれません。私の泊まったことのあるホテルでは、朝食時のジュースは、大概は粉ジュースでした。味もまあまあなので、それほど違和感もありませんでしたけど。

日本でもかつて粉ジュースが流行っていた時期もあったようですが、今はほとんど見かけませんね。春日井の粉ジュースなんていうのがあったのをかすかながら記憶しています。
こんど粉ジュースをフィリピンのお土産にしてみようと思います。ひょっとしたら喜ばれるかもしれませんね。tang

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

LA UNIONのGOGOバー

先日ある知り合いのフィリピン人にGOGOバーのオーナーにならないかと持ちかけられました。GOGOは好きですけどオーナーはちょっとね~。現地人にいいようにされてしまうのが大半じゃないかと思われます。
話を聞くとバギオのあるBENGUETの西隣のLA UNIONという所だそうです。SAN FERNANDOという地方都市だそうで(どこにでもある名前ですね)GOGOは20軒ほどあるそうです。地図で見るとかなり遠いですよ。マニラから車で5~6時間はかかりそうです。

システムを聞くとBFは2000P、ハバドリは250PでVIPもあるそうです。BFの店側の取り分は800P。昼からの営業で20時くらいまではレストラン、20時以降がGOGOだそうです。平均来客数は夜の部で40~50人だそうです。客層はファランと現地人、数年後には店のすぐ近くにドメスティックの飛行場が出来るそうです。
問題の売値は500.000P(現在のレートで120万円くらい)です。小金持ちが多い地域だそうですが、まだ行ったことも無いので何ともいえません。相場も調べてないので解りませんが、まあそれなりかやや高めだと思われます。以前マニラのCARRIEDOの現地人専用のクラブで400.000Pくらいという話を聞いたことがあります。
いずれにしてもよほど信頼できる人がスタッフでいない限り、この手の話には乗らないほうがいいと思われます。
しかし、ジモピーがメインなのにBFが2000Pというのもどうなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

Cellphone

cellphone1 携帯電話のことをフィリピンではCELLPHNEといいます。普及率はものすごい数だと思います。中流レベル以上の家庭は、日本と同様に子供まで持っています。固定電話よりはるかに普及率は多いですね。公衆電話も街中ではよく見かけますが、地方に行くと公共施設などの近くにしかありません。
この携帯はプリペイドと毎月払いの2タイプがあるのですが、圧倒的にプリペイドの方が多いです。最近日本でもSIM方式の携帯も登場しましたが、最初にSIMカードというのを購入します。グローブとスマートが2大通信会社です。他にも何社かあるようですが、大体はこの2つですね。どちらかのSIMカードを携帯に入れて使用します。
この間、ハリソンプラザで2枚のSIMを入れられるように改造した携帯も売っていました。こういうのも便利そうですね。

メトロマニラではどちらでも大差は無いのですが、地方に行くエリアごとにとどちらかが有利になることが多いようです。
ポーダーフォンやフォーマの国際ローミング携帯の場合、それぞれのSIMカードもフィリピンの携帯で使用できます。ただし発信はダイレクトにフィリピン国内に出来ますが、受信は日本経由のみになってしまいます。フィリピン国内で掛けてもらう場合は、直接その番号に掛ける事はできません。いったん日本に掛けてもらう必要があるのです。この辺がかなり不便な所ですね。
そんな訳で、自分は国際ローミング携帯は日本からの受信専用、フィリピン携帯はフィリピン国内専用にして使っています。

国際ローミングはボーダーフォンの3G携帯の802SE、フィリピン携帯はパナソニックのA100を使っています。A100はとにかく小さいです。持ち運びはいいのですが、小さすぎで使いにくいという欠点もあります。これは小さすぎて耳の辺りで収まってしまうので、でかい声を出さないと声が届かないという恐ろしい欠点があります。ヘッドホンを使わないと音声がクリアに届かないのです。そのせいかどうかは解らないですけど、いつの間にか市場から消えてしまいましたね。

ノキアのN70がほしいけどまだまだ高いですね。6680で我慢しようかな。これはWCDMなので日本でも使用できます。フォーマも古くなってきたので、今月渡比した時見てこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »