« OPM初心者講座 3 | トップページ | OPM TOP20 »

2007年5月 1日 (火)

SAKAYAN NG JEEP

Nikki1_1 フィリピンに滞在している時は、必ずといっていいほどライブバンドには通います。本当はベイサイドやスーカット辺りのしゃれたライブバンドに行きたいのですが、何分田舎に滞在しているもので、ケソン州の小都市のライブバンドになります。

したがって知名度の高いバンドなどいるはずもなく、ローカルバンドオンリーです。
でも最近それも慣れてきてしまったのか結構好きなのです。第一お金もほとんどかかりませんからね。サンミゲルを飲みながら まったりとするにはとてもいいですよ。
ご多分に漏れずローカルバンドといえども英語曲が主流なのです。黙っていたらタガログ語曲は良くて10曲に1回ぐらいしか歌いませんね。

そこで気が向いたらチップを少し挟んでタガログ語曲をリクエストするのです。前回 ボーカルのお姉さんが真っ先に選んでくれたのが このNIKKI GILのSAKAYAN NG JEEPという曲です。この曲は爽やかな感じがしてとても好きですね。
調べてみたら なんとサイバーDAMにも昨年の9月に配信されていました。

歌いやすそうなので 練習してみようかな。

sakayan ng jeep/Nikki Gil

DAM №4808-86

Laging, laging naghihintay
Laging, laging nagbabantay
May kung anung, kilig na nadarama
Sa tuwing nakikitang nag-aabang
Pag gising ko, bintanang tinutungo
Tinitingnan kung nandun na ang mahal ko
Umaasang maaabot ng tanaw
Habang naghihintay ng sakay niya

Dun sa sakayan ng jeep
Madalas sumisilip
Dun sa sakayan ng jeep
Minsan ay naiinip
Dun sa sakayan ng jeep
Para bang panaginip
Tuwing nakikita ko siya
Sa sakayan ng jeep

Minsan, nakitang naghihintay
Yari, ako ang inaantay
Ngunit nakitang may kasabay
Ang puso ko'y nagkagutay-gutay

Dun sa sakayan ng jeep
Madalas sumisilip
Dun sa sakayan ng jeep
Minsan ay naiinip
Dun sa sakayan ng jeep
Para bang panaginip
Tuwing nakikita ko siya
Sa sakayan ng jeep

Minsa'y, kami ay nagkasabay
Nagkatabi ngunit walang saysay
Di na siya ang aking hinihintay
Lagi na ako ngayong may ibang kasabay

Dun sa sakayan ng jeep
Madalas sumisilip
Dun sa sakayan ng jeep
Minsan ay naiinip
Dun sa sakayan ng jeep
Para bang panaginip
Tuwing nakikita ko siya
Sa sakayan ng jeep

Dun sa sakayan ng jeep
Madalas sumisilip
Dun sa sakayan ng jeep
Minsan ay naiinip
Dun sa sakayan ng jeep
Para bang panaginip
Tuwing nakikita ko siya
Sa sakayan ng jeep

ブログランキングに参加していますので、よろしかったらワンクリックお願いします!
いつもながら順位が低迷していますので、ポチッと1日1クリックのご協力をよろしくお願いいたします。

   にほんブログ村ブログ

  人気ブログランキング

|

« OPM初心者講座 3 | トップページ | OPM TOP20 »

コメント

ピリピンのライブハウス・・ぜひ行ってみたいですね。

とは言え、自分はなかなかそうも行かない身分なのでせめてと思い、行きつけのお店の店長さんにお願いしてNINAとかFREESTYLEあと最近ではP.SANTOSのライブ盤なんかお店で流してもらってピリピンのライブ気分を味わってます(^^♪

投稿: DITAS | 2007年5月 1日 (火) 14時59分

タガログ語の歌を唄ってくれないに同感です。リクエストすればチャンと唄えるのに・・・それにタガログソングを唄ってる時の方がお客のノリもあきらかに良いのに、です。

どこのライブでも同じ現象で、何年たっても改善されません。

店の方針でタガログ語の歌を控えろ、の声は良く耳にします。

タガログ語より英語の方が格が上だ、の風潮もあるようです。

日本のライブハウスに当てはめてみるに、そういえば日本でもヒット曲を場内で演奏ってスタイル、ないですね・・・

私もこれで悩み、タガログ曲を演奏してくれる所を探し歩きました。で、あったんですね、コメディーバー!

生演奏ではなくカラオケになってしまうのが残念ですが、選曲優先、なによりも曲が命の私。

しかし最近ではこのコメディーバーでも英語曲が多くなりはじめてきてしまいました。

投稿: フェラーリ | 2007年5月 1日 (火) 16時33分

DITASさん ぜひ機会があったら行ってみて下さいね。最近ベイサイドやスーカット・クバオ・カインタ辺りに良いランブバンドがあります。マニラはバンド天国なんですよ。

ケソン州にももっとあれば良いのに、やはりマニラまで出なければダメなようです。

投稿: divi | 2007年5月 1日 (火) 17時03分

フェラーリさん そういう時はチップ攻撃に限ります。リクエスト用紙に青いお札を挟めば、なぜかタガログ語曲ばかりになってしまいますよ。
ローカルなライブバンドはこれが通用するので面白いのです。

マニラだと青いお札の効力はせいぜい1~2曲ぐらいかな?

投稿: divi | 2007年5月 1日 (火) 17時08分

青いお札ですか・・・
地方でそれやったら、確かに言いなりになってしまいますね!(笑)

地方の良さはバンドメンバーとすぐさま交流ができる点ですね。休憩時間に一緒に飲んで騒いで、それでも会計の金額が間違ってるんじゃないかと思うほど安いし。

リクエストも多少こちらが気を使って演奏できそうなのを言ってはいるけど、それをほとんどこなせるから凄い。良くあれだけの曲数を覚えられるものです。

投稿: フェラーリ | 2007年5月 2日 (水) 01時11分

おはようございます♪

私は、今年初渡比予定(希望)なので、
こういう話を聞けば聞くほど、行ってみたくなりますねえ。

フィリピンでは、結構な大物がライブハウスに出演するみたいですね。
コンサートとは、また違ったライブハウスのノリの中に浸ってみたいです。

投稿: 源一郎 | 2007年5月 2日 (水) 10時26分

源一郎さん まいど♪

あれれ まだ行かれて無かったんですね。
マニラのライブバンドは結構有名な方が出てますよ。インターネット等でスケージュールは確認できます。

投稿: divi | 2007年5月 2日 (水) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/14874663

この記事へのトラックバック一覧です: SAKAYAN NG JEEP:

« OPM初心者講座 3 | トップページ | OPM TOP20 »