« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月 9日 (土)

マガンダちゃん 28

さて セクシー軍団の続きです。

Mb93

なんか みんな表情が暗いです(笑

Mb94

やっぱり表情が硬いですね。

Mb95
パレードのスタート地点では皆さんにこやかだったのに、もう疲れちゃったのかな?

撮影場所も重要ですね。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

セブパシの踊るCA

格安航空会社として有名なセブパシフィックがユニークなサービスを試験的に行いました。

機内に搭乗すると、まずシートベルトの締め方や救命胴衣の着方、酸素マスクの使用法など、もう聞きたくもない説明が延々と行われます。
初めての方にはもちろん必要なのですが、自分にとってはただうざいだけ。

でもセブパシのこのやり方なら何度でも見てしまうかな(笑

フィリピンの航空会社らしいユニークな発想ですね。

まずはYOU TUBEの練習風景を見てください。↓

そして機内の風景です。これなら見ない人はいないでしょう。
さすが 踊りの好きなフィリピン人ですね。


詳細はこちら↓

国内格安航空最大手のセブ・パシフィック航空が、米国の人気歌手レディー・ガガのヒット曲などに合わせて、客室乗務員が踊りながら酸素マスクの使い方など安全説明をするパフォーマンスを取り入れ、話題を呼んでいる。

このパフォーマンスは、9月30日のマニラ発、ミンダナオ地方北アグサン州ブトゥアン行きの1便1回きりの試験導入だったが、その様子を撮った動画がインターネット上の動画投稿サイト「ユー・チューブ」で紹介され、国内外で評判になった。

パフォーマンスでは、ガガのヒット曲、「ジャスト・ダンス」に合わせ、女性客室乗務員らが通路に登場、フィリピン人の乗りの良さと笑顔で、踊りながらシートベルト、ライフジャケット、酸素マスクの使い方を説明していく。後半は曲が同じく米人気歌手ケイティー・ペリーの「カリフォルニア・ガールズ」に変わり、非常時の避難経路などを指示。このユニークなパフォーマンスに乗客らが拍手で称賛する様子が映っている。

パフォーマンスは同航空広報担当者のアイデアで、動画の評判を受け、同航空は感謝の声明を発表。イヨグ広報担当は「ダンスはわたしたちの楽しい文化と比特有の才能を見せる方法の一つ」と話し、今後複数の便への導入を検討中という。

一方、バルテ大統領報道次官は6日、「セブパシフィックは宣伝を狙った客室乗務員のダンスよりも、本来の航空業務をしっかりと行うべき」と話し、パフォーマンスに苦言を呈した。また、比航空(PAL)と労使交渉を行っている客室乗務員組合(FASAP)も、「客室乗務員は安全管理を担う立場にあり、機内エンターテイナーではない。安っぽい戦略であるだけでなく、完全な女性差別だ」と酷評した。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

マガンダちゃん 27

さて セクシー軍団の登場です。でも 今年は少し不作なのかな?

毎年見てきましたが なんかきれいなお嬢さんが減ってしまったような気がします。

Mb91
白い制服はいいですね。

Mb92
地元には二つの大学がありますので、学生の街と言ってもいいくらいですよ。

今日の一枚はこれです。↓

Mb90

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

NPA

NPAとは皆様ご存知だと思いますが、フィリピン共産党の軍事部門で新人民軍と呼ばれています。NPAはNEW PEOPLES ARMYの略です。
いわゆる
共産ゲリラのことです。

詳しくはこちらを見てください↓

NPA

新人民軍(New Peoples Army, NPA)はフィリピンのフィリピン共産党の軍事組織で、左翼革命闘争を展開したフクバラハップを批判し、これに変わるものとしてルソン島中部の農村で数十人規模で誕生した。
その後、マルコス政権下で急膨張しピーク時には2万5800人の兵士を有する組織となった。
アキノ政権下も全面対決による壊滅をねらったが失敗した。
1992年にはラモス大統領がフィリピン共産党の合法化を打ち出したが後に撤回し、左翼穏健派を憲法の枠内に取り込み武装ゲリラの孤立化を図り成果を上げた。
アメリカ合衆国はテロ組織に指定し、資産凍結対象になっている。


組織概要

1969年3月、ルソン島の農村で結成され、政府軍との衝突、外国人の誘拐などを行ってきた。
1992年成立のラモス政権はゲリラの孤立化を進める政策を推し進め、その結果、衰退していった。

現在の保有兵力は約七千人まで縮小したとされるが、尚政府軍との衝突がたびたび見られる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ ルソン島各地に潜伏しており、当地ケソン州にも山間部に潜伏しております。

めったに街中には現れませんが、年に数回 地元警察署の襲撃や携帯電話の中継所の爆破などの反政府活動を行っています。

以前は山道を夜間に走行すると、ゲリラの検問所があって通行料などをせびられていたのですが、国軍が当地に常駐するようになってからはそれも無くなりました。

Am5
彼らが我が街に常駐しているフィリピン国軍です。
武装装甲車1台も配備されています。

Pl1
もちろん警察署もありますが、あまり役に立ちません。

Am1
こないだのパレードの時に見かけた民兵?

服装がまちまちなので、公共的な武装組織ではないと思いますが、装備しているウエポンは軍隊より良さそうに見えます。

Am2

しかし写真を良く見ると銃口がオレンジ色になっていますね。実銃だとオレンジには銃口をマーキングしないので、これはひょっとしてエアーソフトガンなのかもしれませんね?

フィリピン国軍でも実銃は持たないで丸腰でパレードに参加していますから、その確率は高いかもしれません。

持っている銃がエアーソフトガンだったとしたら、このグループはフィリピンのサバイバルゲームチーム??? なんでしょうね(笑

こんど良く調べてから入隊してみようかな。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »