« 2010年10月10日 - 2010年10月16日 | トップページ | 2010年10月24日 - 2010年10月30日 »

2010年10月22日 (金)

マガンダちゃん 31

今年フェスタで撮りだめた写真ももう少なくなりました。あと数回で終了かな。

来月渡比しますが、この時期はフェスタが無いので別の写真でも撮ってこようかなと思っております。

さて 今日はマーチングバンドの写真です。以前にも紹介したことがありますが、このチームのレベルはなかなか高いですよ。
うちの農夫さんの娘さんもここのメンバーのひとりです。

Mb121
音楽に合わせてジグザグに行進します。
Mb124
演奏もピカイチのうまさです。よくチームワークがとれていると思います。

Mb125
ミニスカですからパンツが見えないように短パンをはいています(笑

次回は最終回かな? フラッグ隊のマガンダちゃん達をアップの予定です。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

台北の駅弁

左サイドバーにあるカテゴリーに『鉄道マニア』というのを新設しました。

かつて鉄ちゃんもやってましたので、たまに鉄道関連の話題も書かせていただきます。

お暇な方はバックナンバーものぞいて見てくださいね。

さて今回は、年数回訪れている台湾のお話です。

駅弁といえば 鉄道旅行の時には必ずと言っていいほど買いましたね。

種類も星の数ほどあり、その地域・沿線の特産物を盛り込んだ郷土色あふれる味が楽しめるので大好きでした。

最近は地方出張が減ったので、デパートで開催される駅弁大会の時などは良く足を運んでいます。

学生の時にユーレイルパスを使ってヨーロッパ一周鉄道旅行をしたことがありますが、駅弁のようなものは一度も見かけたことはありませんでした。
欧州の優等列車は食堂車が必ずといっていいほど付いていましたので、弁当の類は必要がなかったのかもしれません。

そもそも駅弁とは『駅売り弁当』の略語なんだそうです。

実は台湾出張の際に、現地の方から台湾の鉄道駅にも駅弁があるよと言う話を聞きました。えらく興味を示したら、買いたいなら台北駅に行ってみたらと教えてくれました。

台北駅の駅弁は『安くてうまい』のだそうです。
これを聞いたら 買わずにはいられませんね。

さっそく台北駅まで出撃となりました。

台北駅は巨大な建物です。
遠くからでも異様に目立ちますねぇ。

しかしその全景を写真に撮っておくべきでした。近くに来たらこんな感じです。
その巨大さが全くわからないですね。↓

Tp6
台北駅は高雄まで結ぶ台湾高鉄(新幹線)の始発駅です。地方空港のような広大さで地下鉄ともつながっています。

Tp2
その駅弁屋さんは駅構内にありました。お客さんがいっぱいでかなり人気があるようです。

Tp1
看板です。駅弁も看板と同じ丸い形をしています。

Tp3
山積みになっていましたが、みるみるうちに無くなっていきます。
地元の知り合いが、一押しで勧めるだけのことはありますね。

Tp4
宿泊先でいただきましたが、これは美味でした。のっているお肉は骨無しの排骨のような豚肉です。煮玉子もお肉と同様に中まで味が浸みていて最高でした。

お値段は日本円に換算して約300円でした。

安くて旨いは万国共通です。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

やはりオヤジは金づるでしかない

Pp1
たまに遊びに行く都内の某PPのババエから聞いた話。

彼女はタレント時代から知っている腐れ友達です。日本人と結婚し、子供が一人いますが、現在は離婚し母子家庭で頑張っています。

昼間はお弁当屋やクリーニング工場で働き、夜はPPで働くという日本在住の典型的なPナちゃんです。

まあ そんな頑張り屋の彼女がこっそり教えてくれた話です。

チスミス(噂話)好きな彼女らには、恰好の話題ではあります。
多少 誇張もあるかも知れませんが、大筋は事実のようですね。

これからお話しするのは、彼女が以前働いていたPPのババエの話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仮にそのPPのババエをCちゃんとしましょう。

Cちゃんは年の頃20代後半、かつてはタレントとして都内のPPに勤務し、来日回数は3~4回ほどだと思います。

今は都内の比較的客の入りのいいPPでアルバイトとして働いています。

見た目は背も高くロングヘアーで、かなりセクシーです。いつも胸の開いたドレスを着ており、とても張りのあるいい胸をしています。

お尻もモデルのようなきれいなラインをしています。

まあ 普通の男どもが見たら なんとか落としたくなるタイプのババエでしょうね。

店での指名率も高く、ベスト3には入っていませんが上位の売り上げを常時維持しているそうです。

そんなCちゃんの秘密を教えてくれました。

実はCちゃんはパパさんが5人もいるんだそうです。
もちろん パパさんとは愛人のことです。ずばり言うと体の関係のあるお客さんということです。

今回そのパパさん達の詳細を聞くことが出来ました。(爆

話を鵜呑みにするのも嫌なので、実際にCちゃんの勤めるPPにも行ってきましたよ。
以下は友達のアルPちゃんから聞いた話と、実際に見てきた内容をミックスして箇条書きにしてみました。

以下はCちゃんのパパさん達のプロフィールです↓

★パパ 1 

年齢50代前半。見た目は40代半ば。 職業は歯科医師。もちろん妻子持ちです。わりとハンサムな優しそうなオヤジです。
彼がCちゃんにとってナンバーワンのお客さんです。
優しいし我がまま言っても怒らないし、何と言ってもお金持ちですからね。
でも普段忙しいのでお店にはたまにしか来ないそうです。
ソクソクは平日の昼間にしているそうで、その日はもちろん店には呼びません。
驚いたことに毎月 お小遣いとして50万円ももらっているそうです。
そのお金で今、Cちゃんはマニラに豪邸をローンで購入しました。
もちろん フィリピンの家族は仕事もしないで毎日遊んで暮らしています。(笑
ちなみに このパパさんはまだフィリピンに行ったことはありません。
Cちゃんにぞっこんで、周りは何も見えないようです。

★パパ 2

年齢60代前半。都内の会社の社長さんです。することも無いのかよく店に来ています。
ソクソクは月に数回程度、同伴前にラブホでやってるそうです。
いわゆる同伴ソクソクですね。
店ではいつもフルーツを頼み、延長・延長で支払いは3~6万くらい。
10万近くになる日もあるそうです。
彼女の売り上げを支えてくれている、とても大事なお客さんの一人です。
定期的なお小遣いは無く、ソクソク時に2~3万もらっているだけとか。
こないだはアイフォン4を買ってもらったそうです。
指名がかぶるとやたら焼きもちを焼くのが欠点だとか。
フィリピンには年に数回マニラに行っているそうです。

★パパ 3

年齢50代後半。身なりのいい紳士風。いつも一人ではなく部下達を大勢連れてきています。ソクソクする時はCちゃんに店を休ませて、食事などのあとシティホテルで朝まで一緒に過ごすそうです。
なかなか粋な遊び方ですね。
彼女が身につけているブランド品は、ほとんどこのパパさんが購入したもの。
誕生日には高価な貴金属品ももらっています。
毎月の援助金は5万円。たまに家族が病気などと偽って、10万程度のまとまったお金もせびっています。 

★パパ 4

年齢60代前半。ハゲオヤジです。羽振りがいいのでどこかの社長さんかもしれません。
いつもオヤジ連中と来て演歌を歌っています。
毎月もらっているお小遣いは5万円。ソクソクは近くのラブホで済ませているそうです。

★パパ 5

年齢20代後半か30代前半。見たところPPには珍しいハンサムな好青年。PPではどこでももてそうな感じです。Cちゃんの一番のお気に入り。お客というか恋人に近い感じです。
もちろんソクソクはありますが、同伴ソクソクは彼氏の金銭負担になるのでしないようです。
しかも援助金も無し。唯一タダマンの出来るラッキーなお方です。
店にはたまに来て英語曲をそつなく歌っています。
しかし 最近彼氏のパルパロ(浮気)が発覚。Cちゃんの悩みの種だとか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを読んでドキッとされた方はいませんか?
PPでもてたと喜んでいる場合ではありませんねぇ。

枕営業はあるとは聞いていましたが、こんなに身近で聞いたのは初めてです。
でも ある程度 Cちゃんに気に入られないと パパさんにもなれないようです。

だって 金づるにもなれないお客さんも いっぱいいますからねぇ。

よくPナちゃんは愛があれば年の差なんて関係ないよ なんて言っていますがあれは大 嘘 !!

やはりオヤジは
ただの金づる に過ぎないと判明いたしました(笑

やはり性悪のPナちゃんとて 恋人は若いハンサム君がいいようです。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2010年10月10日 - 2010年10月16日 | トップページ | 2010年10月24日 - 2010年10月30日 »