« 宮古島 吉野海岸へ 2 | トップページ | フィリピン人グループ 日本デビュー »

2012年7月29日 (日)

フィリピンで生き残るには 1

最近 フィリピンのニュースや他のブログなどを見ていると、フィリピン人にだまされたとか、事業を始めたが資金を使い込まれて失敗したという類の話を良く聞きます。

これは まぎれもなく本当の話ですね。

実際フィリピンでは日常的におきている話です。

もしフィリピンに関わるなら、まずフィリピンの生活習慣やフィリピン人の性格・気質などをよく頭に叩き込む必要があります。

ここフィリピンでは日本での常識など一切通用しません。

フィリピンの流儀を学ぶのが最初です。

これらのことは色々なブログなどで見聞きしているとは思いますが、未だにフィリピンで破たんする人が多いのも事実ですね。

普通に考えてフィリピンで日本人が事業を興して成功する確率は極端に少ないと思います。まあ せいぜい成功する確率は10%未満だと思います。

では なぜ失敗するのかを少し考えてみました。

①パートナーが悪い

これが最大のネックでしょう。あなたの事業のパートナーは誰ですか?

ほとんどの方がフィリピン人の奥さんか彼女といったところでしょう。
しかもフィリピンパブなどで知り合った方がほとんでどはないでしょうか。
たまに例外もありますが、日本人がフィリピン人と出会うのは、一般的に言ってほとんどクラブ系のお店です。

そこで働く方はいわゆるフィリピンでの下級階層に属する人達ですね。
ちゃんとした大学を出て、一般的な教養を持っている人などほとんどいません。

自分もフィリピンパブでは長年遊んできましたが、教養があって凄いなと思ったのは過去に一人いただけです。

あとはお猿さん並みの知能と常識しか持っていません。

長年日本にいるアルP達はそれなりに日本で苦労して少しはまともになりますが、ほとんどがおバカさんなのに間違いはありません。

そんな人達がパートナーでは最初から事業が成功するとは思いません。

これは過去に自分が失敗した経験がありますから、まず間違いがありません。

フィリピン人達は他人が成功した話を聞きつけ、自分もさも成功するような妄想をいだきます。

事業のイロハもわからない人間が成功することは間違ってもありません。

パートナー選びは重要です。

出来れば中流階級以上の人達と手を組みたいところですが、ほとんどの日本人には縁が無いかもしれません。

というのも外国人達と手を組みたがるのは、下級階層の人達だけだからです。

フィリピン人はいつも鴨になる外国人を探しています。

とりわけ日本人は騙しやすいので、鴨になりやすいのかもしれません。

②フィリピン人を信用してはいけない

日本人は性格的にお人好しなので、すぐに人を信用しがちですが、間違ってもフィリピン人は信用してはいけません。

これは基本中の基本です。

たとえアサワであったり恋人であっても同じです。

相思相愛の期間はそれほど心配しなくてもいいかもしれませんが、油断してあまり信用すると、思わぬ落とし穴に落ちてしまうことがよくあります。

特に年の差のある夫婦の場合は要注意ですね。

『愛があれば年の差なんて関係ないよ』なんという言葉をよく聞きますが、

あれは 真っ赤なウソですよ。

ピーナちゃんだって若くてグアポな人がいいに決まっています。

それは あなた自身では無くて あなたの財布や日本人というブランドに惚れているだけの話です。

日本人と結婚すれば 生活環境は以前より格段によくなります。
しばらく 我慢さえすれば日本での永住権も取れるし、働くこともできます。
そして フィリピンでの貧困生活から脱却できる確実な方法です。

ですから嫌いじゃなければ平気で結婚します。
愛があるかないかは特に関係無いようです。
生活レベル向上が最優先なんでしょうね。

これは異常なほど高いフィリピン人と日本人の離婚率からもうかがい知れます。

ただ数は少ないですが、幸せな夫婦生活を送っているカップルがいるのも事実です。

この違いはなんなのか。友人にも何組か幸せな夫婦生活を送っている家族がいます。
観察してみるとフィリピン人の奥さんの資質が高い、また日本人の旦那さんがフィリピンのことを自分で勉強してよく理解しているという共通点がありました。

次にフィリピンの国民性によるトラブルについてです。

フィリピン人達はチャンスがあれば横領や不正を平気で行います。

これは国民性なので無くなることは永久にありません。

天からの授かりものという変な考え方があるので、会社のものを盗んだりお金を横領しても悪いことだとは一切考えてないです。

そんな隙を作っている会社が悪いぐらいにしかやつらは考えていません。

ですから横領や不正の出来ないシステムをいかに作るかが重要です。

店舗なら防犯カメラのほかに店員を監視するカメラを最初から付けなくてはいけません。

これはフィリピンの常識です。

あと まとまった事業資金を日本から送ることはタブーです。

大金を目にするとフィリピン人はすぐに頭がおかしくなります。

持ち逃げするか使い込む方法をすぐに考え始めます。

よほど信頼できる人間がいない限り大金の送金はやめた方がいいです。

大金の場合は必ずフィリピン人任せにしないで、自分ですべて取り仕切らなくてはいけません。

これは間違いがありません。

フィリピンで事業する場合は、何重ものチェック機能をシステムを作らなければなりません。

とても面倒なことですが仕方がありません。

それと、フィリピン人はどんな最低の人間でもプライドだけは超一人前なのです。

ですからその超一人前のプライドを傷つけないように対処するのが、フィリピン流儀です。

これは慣れないととてもやっかいです。でも これを怠ると様々な事件が起きる可能性があります。

最悪 解雇したフィリピン人に銃撃されて殺されたなんていうことも頻繁におきていますからね。

まず 叱る時は人前では絶対に行わないこと。人前で恥をかくのを極端にきらいます。

叱るときは別室に呼んでやるか二人だけの時に行いましょう。これもプライドを傷つけない範囲でやるのが流儀です。

アホくさくなりますよ。

この国民性をどうにかしてほしいものです。

また次回に続きます

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 宮古島 吉野海岸へ 2 | トップページ | フィリピン人グループ 日本デビュー »

コメント

ハワイフィリピンを行き来していますが、フィリピンでは不快な事が多いですね。

フィリピン大好き人間では「騙される日本人が悪い」日本人を批判する人が多い中、このような忠告は有難いアドバイスです。

騙された事がありましたが、逆に脅して解決した事もありますが、今では危険回避で我慢しています。

渡米できるフィリピン人はそれだけ有能なんですね。アメリカではフィリピン人の悪口は聞きません。

投稿: Teddy | 2012年7月29日 (日) 16時22分

teddyさん 初めまして。
フィリピンは何かとストレスが溜まることが多いのですが、好きな国の一つでもあります。
さらに経験値を積み重ねて頑張っていきたいと思います。

投稿: divi | 2012年7月29日 (日) 22時36分

はじめまして。

まだフィリピン滞在僅か8年ですが、
全く同じ感覚で、フィリピンに接しております。

>『愛があれば年の差なんて関係ないよ』なんという言葉をよく聞きますが、
>あれは 真っ赤なウソですよ。
>ピーナちゃんだって若くてグアポな人がいいに決まっています。

当たり前のことなのですが、気付かれない方が多いですね。
【恋は盲目】なのでしょうか。。。
こちらの女の子は、貧しいが故に
安定した生活と家族の為に、多少のことは犠牲にしますよね。

こちらの記事を多くの方が目にされ、
先日のような出来事が二度と起きないことを心より願うばかりです。

投稿: pasongtamo | 2012年7月29日 (日) 23時09分

初めまして・・・
今回の記事を5年前に見てたら大分救われたのに・・・
アイタタ!オヤジをやっちゃいました。
之からも楽しみにしております。

投稿: goota | 2012年7月30日 (月) 08時07分

pasongtamoさん はじめまして
私も定住予定者です。
あまりにも日本とすべての環境が違うので、何回もくじけそうになりましたが、なんとかやってます。

最近は頭の切り替えスイッチが機能するようになったので大丈夫です。(笑

投稿: divi | 2012年7月30日 (月) 10時14分

gootaさん はじめまして

自分もかつてやられた経験があります。
笑い話で済むうちはまだいいほうですよ。

投稿: divi | 2012年7月30日 (月) 10時22分

始めまして。全く仰る通りですね。100%同感です(笑)私も過去に苦い経験をし約500万食われました。それから10年以上経ちますが、今思えば良い勉強になりました。おかげでフィリピン人を信じようとする気持ちは全く無くなり(笑)楽しいフィリピンライフを満喫してます。フィリピンは遊びに来る所、これ以外の何者でも有りませんね。遊んでいる分には日本よりずっと安いし、内容も濃い(笑)これから結婚、移住、ビジネスを検討中の人も沢山居ると思いますが、恐らく現実を話しても理解して貰えないと思いますね。自分で痛い目に遇って初めて言った事が理解して貰えると思います。悲しいかな...これが現実(笑)

投稿: modena | 2012年7月30日 (月) 20時54分

modenaさん はじめまして

ずっと日本だけに住んでいた人達はフィリピン人に対しての免疫は薄いんでしょうね。

改めてフィリピーナの魔力って凄いと感じました。

modenaさんのように遊びだけに徹した方がベストですね。

投稿: divi | 2012年7月30日 (月) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/55282573

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンで生き残るには 1:

« 宮古島 吉野海岸へ 2 | トップページ | フィリピン人グループ 日本デビュー »