« 2012年7月1日 - 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月15日 - 2012年7月21日 »

2012年7月14日 (土)

ロタ島 スイミングホール

国際空港とは名ばかりのとても小さなローカル空港には、ガイド役のチャモロ人のヘンリーが迎えに来ていました。

日本語はなかなか流暢です。少し変な日本語を使いますがだいだい理解出来ます。

Trota7

まず到着したのはここ。ROTA RESORTというホテルでここが観光の起点になります。

今回のツアーでの食事や休憩はここの施設を利用します。いらない荷物や貴重品はホテルのフロントで預かってくれますよ。

フロントはピーナおばちゃんでした。ここもグアム同様にフィリピン人の多い島です。ホテルやスーパーなどほとんどでフィリピン人が働いています。

ですから 英語・チャモロ語のほかタガログ語も一部で使えますよ。

さて最初にツアーで訪れたのがスイミングホールです

Rota8

満潮時には海とつながっていますが、干潮時には天然のプールになります。

海底から真水が湧き出しているので、ここだけ塩分濃度が低いのです。

もちろんここで泳ぐことも出来ますよ。

塩分濃度が低いので泳いでも体がべたつかない利点もあるそうです。

ただかなり深いところもあるので、ライフジャケットは必要ですね。

反対側から見ると

Rota12

光線の具合で水の色が様々に変化します。

周辺はサンゴ硝が波で浸食され棚田のようになっています。

Rota11

Rota13

この辺りではさすがに磯遊びぐらいしか出来ませんね。

よ~く見るとヤドカリやカニ 様々な生き物がいますよ。

Rota10

とても景色のよいところです。

次はロタ洞窟博物館に向かいます。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

ロタ島へ

先日 グアムに行ったときにロタ島まで行ってきました。

ロタ島は正式にはアメリカ合衆国自治領北マリアナ諸島になります。

グアム島からは北東に70キロに位置し、飛行機で30分で行けます。

ツアーの申し込みはグアムの各ホテルにあるオプショナルツアーの申し込み所で出来ます。

さっそく申し込みしようとしたら、係員があまり乗り気でない雰囲気。詳しく聞いてみると申込みが1年間に数人あるかないかの超マイナーツアーらしい。

それにそこまで行く航空会社の飛行機が半年も壊れていたという情報も入ってきた。

そこまで聞いたら普通の人なら参加しないのだが、自分は違う。

しかも日帰りで14時間もかかるツアーで、集合は早朝の5時。

やばいツアーが大好きな自分にとっては、好都合なのでさっそく申し込みました。

ちなみに料金は、午前中の観光と昼飯が付いて190ドル。午後は夕方までビーチかホテルのプールでまったりするプランでした。

ところが申し込んですぐに明日は参加者がいないので明後日にしてくれとの返事。

ロタ島への渡航にはパスポート、日本帰国の航空券、それとグアムに着いたときパスポートにホッチキス止めされた I-94 の半券が必要です。

これは どんなツアーになるか楽しみです。

ツアーデスクのスタッフに 飛行機はプロペラなの? と聞いてみたら いまどきそんなものはありませんよ。小型ジェットです。 と力強く言われたのだが・・・・・・

早朝 グアム国際空港に来てみると・・・・・・・

Rota1

誰がどうみてもプロペラ機。ツアーデスクのスタッフには いまどきプロペラ機なんてないよ みたいに鼻で笑われたのに 
ここにあるジャン。

Rota2

機内は小さいです。乗客はツアーの日本人達と、ロタ島在住のピーナおばちゃまと欧米人二人という寂しさ。


わずか30分もない短いフライトでしたが、ちゃんとパイナップルジュースのサービスがありました。

Rota4

機内から見えたロタ島です。なんか海がめちゃきれいです。

天気も素晴らしく期待できそうな雰囲気です。

Rota5

これがロタの国際空港です。フィリピンのローカル国内空港のような雰囲気です。

でも 滑走路にイヌ、ニワトリなどがいないのが さすがアメリカ自治領ですね。

Rota3

この飛行機の先端。鼻の出っぱり部分に荷物が収納されています。

Rota6


空港にあったロタ島のマップです。

次回に続きます。


ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

サイバーDAM OPM配信曲 7月

Opm72012

7月のサイバーDAM OPM配信曲です。今月は5曲 しかもすべて英語曲です。

なんか あまり興味が湧きません。

来月の配信曲に期待しましょう。

とりあえずYOU TUBEは紹介しておきます。

まずはJOLINAのLET ME BE THE ONEです。

M.Y.M.P.のTELL ME WHERE IT HURTSです。
この曲はフィリピンでよく聞きます。↓

そしてCHARICE PEMPENGCOのTHANK YOU です。


ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

那覇市でオート3輪見つけた

オート三輪など映画でしか見る機会が無くなってしまったのですが、沖縄の那覇市で現役で走っているのを一瞬見かけました。

あっという間に走り去ってしまいましたが、見た目にはそんなに古くはなさそうでした。

それ以来ずっと気にはなっていたのですが、それから見かけることはありませんでした。

ところがたまたま レンタカーで那覇市内を走っていたら、偶然 駐車中のオート3輪を発見。

思わずひき返して じっくりと観察してきました。

それがこの写真です。

N2

どうやら水冷四気筒らしい。ナンバープレートは後ろに付いていたから、現役で走っているオート3輪のようです。

やたら かっこいいぞ。

N3


ハンドルはバイクのようないわゆるツノバンドルです。

なかなか いけてる車だ。 これ ほしいなぁ。

ドアが無いので雨の時は覚悟しないとダメですね。

ネットで一通り探したら、中国・インド・タイからの輸入三輪車があるようです。

価格も40万~180万くらいまで、色々な種類があるようです。

これはネットの他の写真から推測するとどうやら中国製みたい。

オート三輪と言えば、特に愛知県で輸入しているタイのトゥクトゥクが有名らしい。

そういえば 一度上野の繁華街でトゥクトゥクが走っているの見た事ありますね。

一緒にいた友人たちに話したら『まぼしろだろ』と信じてくれなかったけど・・・・・

N1

横からの写真です。荷物はたくさん載りそうだけど一人乗りかな?

沖縄には魅力ある車があるもんだ。


ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

那覇市のフィリピンパブ

たびたび訪れている那覇市のフィリピンパブ情報です。

よく 行ってた辻のフィリピン系ショーパブ AUDREYが今年の5月に閉店になってしまいました。

ここの知り合いのダンサーに確認したら、那覇市内の松山で6月に新規開店したそうです。

店名はALICE in Wonder Landです。

Alice2


場所は松山のアパホテルの近くです。住所は那覇市松山1-3-21

毎日 数回行われるショータイムは素晴らしいですよ。

ここは女性客もよく見かけるのは土地柄なのかな。

バクラ(おかま)ちゃんもいる楽しいお店です。

Alice1

料金システムは上記のとおりです。

あと 同じ松山にはビジネスホテル ロコイン松山の向い側のビルにTOPというフィリピンパブがあります。

ここもやはり同じ前金制でした。客層はジモピーと米軍関係者達。カラオケはサイバーDAMでした。

B1

ここもお勧めのお店です。

あと久茂地交差点近くの久米2丁目の雑居ビルにフィリピンスナックがあるのを確認しています。

詳しくは また 報告いたします。


ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

沖縄の夜

沖縄には面白い風俗がありました。ありましたと過去形なのは今現在無くなりつつあるからなのです。

そのジャンルは 『ちょんの間』です。関西地区には今でもあるようですが、東京ではめったに経験できないマニアックな風俗でしょう。

間口1軒ほどのスナック風の建物がずらりと並んでて、入口には着飾ったお姉さまが座っています。

ピンク色の照明がお姉さんにスポットライトであてられ、何か幻想的な雰囲気なのです。

もちろんおばちゃんもいますが、なかにはすごい美人がいたりして妙にワクワクした記憶があります。

気に入ったお姉さんがいたら中に入るとドアが閉められて、中に案内される仕組みになっています。

ですから扉のしまってる所は接客中ということですね。

ついついエリアを何周も歩き回ってしまい、同じ目的で訪れている人達と何回もすれ違うので思わずニガ笑をしてしまったことはよくありましたね。

M1

自分はかつて真栄原新町の社交街に何回か行ったことがあります。

沖縄では ちょんの間のことを社交街と呼んでいます。ただし 社交街と呼ばれている所のすべてが、ちょんの間では決してありませんからお間違いのないように。

写真は数年前のものです。今はこのアーケードも撤去されたようです。

M5

入口の目印はこの食堂でした。

この真栄原新町のちょんの間は住宅街のど真ん中にありました。

住所は浦添市真栄原2丁目です。

変なやり手ババアもいなくてお気に入りの場所だったのですが、現在は数年前からの集中取り締まりで壊滅してしまいました。

聞くところによると、その後も復活した店舗はなく完全に全滅してしまったらしいですね。

現在は廃墟状態。さびしいばかりです。

Photo

部屋の中はこんな感じでした。シャワーなどありません。

料金は5000円で15分。30分だと10.000円ですが、ジモピーはほとんど5000円で遊んでいたみたいです。

もっとも常連になってしまえば、あまり時間にはうるさくないみたいで、のんびとしたものでした。

Maehara1

イメージ的にはこんな雰囲気でした。足が見えるのがその手のお姉さん。じかに顔が見れて選べるので、人気があったようです。

現在まだある ちょんの間は以下の通り。どれも消滅の運命です。

★那覇市栄町社交街

最寄駅 ゆいレール安里駅。スーパーのりゅうぼうの裏手。表向きはひなびた旅館街。夜になると入口にお姉さんが座っています。

M2


ほとんど その昔お姉さんだった人ばかりですが、真栄原から流れてきた若めのお姉さんもチラホラいるのを確認しています。

M3


昼間はこんな感じ。夜になると扉一枚が開いてお姉さんが座っています。

あまり期待してはいけません。怖いもの見たさで行くのがちょうどいいかも。

一通り回ってタイプがいなかったら 即あきらめること。

ポン引きのやり手ババアに捕まってしまうとろくなことはありません。

若い娘いるよ なんて言われても年齢詐称でおばちゃんが相手になります。(笑

やり手ババアは単に斡旋料がほしいだけ。交渉はお店の人、またはお姉さんとの話し合いが基本です。

基本5000円 15分です。

★沖縄市美里1丁目(コザ交差点近く)

通称 吉原。 ここも近年取り締まりが厳しくなっているのでいつまで存続するか不明。

美里1-22あたりからかなり広範囲にお店が点在しています。真栄原のお姉さんはほとんどこちらに流れたもよう。

レベルはピンからキリまで。歩いて自分の目で確認するといいですよ。

一時期は全盛期の真栄原新町を彷彿させましたが、現在は残念ながら風前のともしび。

一応24時間営業ですが、現在は夜間に10軒程度が営業しているだけ。

ここも近いうちに無くなりそうです。

基本5000円15分とダブルは10000円。 

まあ 普通の方は那覇市の辻界隈でサクッと遊ぶのが楽しいかもしれませんよ。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月1日 - 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月15日 - 2012年7月21日 »