« 2012年7月8日 - 2012年7月14日 | トップページ | 2012年7月22日 - 2012年7月28日 »

2012年7月20日 (金)

マガンダちゃん 58

収穫祭で見かけたマガンダちゃん(きれいな娘さん)をシリーズで紹介しています。

今回はまだまだ続きます。

ちなみに今度のフェスタは8月です。学校・軍関係のパレードが中心なので、マガンダちゃんの撮影はそれほど期待できないかも。

まあ 8月はほとんど現地にいますので、また色々と撮影してきます。

B20

最近 ブログのアクセスページの記録を見てみました。

断トツにアクセス数が多いのは、メインページの左側にあるカテゴリーの『ビキニバー』の項目です(笑

2009年の古い記事なのに 未だにアクセス数が多いのにビックリですね。

そのうち 新規取材にでも行ってこようかな。

マンゴスクエアあたりも今年になってから数回摘発を受けています。

人権団体が絡んでいるようですが、シスターズがやられたようです。

18歳未満の娘がいたらしいですが、摘発も受けない大型店にも普通にいますからね。

まあ ケソン州の田舎町にはその類のお店は残念ながらありません。

州都のLUCENAまで行けばあるかもしれませんね。

B18


ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

ロタ島 テテトビーチ

R1

ロタ島は面積125キロ平方メートル。サイパン島の2/3の大きさです。

きれいなビーチとしてはテテトビーチがおすすめです。

グアムと違って人が少ないので、まるで極上のプライベートビーチのようです。

とにかく透明度が高く、遠浅なので絶対おすすめです。

ここまでは交通の便が無いので、ホテルの送迎車を利用することになります。

今回のツアーでは送迎付きでした。

R6

ここではパラソル・チェアー・ゴーグル・ダイビングシューズ・足ヒレ・シュノーケルなどすべてワンセットで一人10ドルでレンタル出来ます。

ここはサンゴ礁のビーチなので、ダイビングシューズ無しだと怪我しやすいので要注意です。

魚がめちゃくちゃ多く ここに来る前に送迎の人にスーパーに寄ってもらい 魚のエサを買ってきました。
おすすめは 缶詰のソーセージです。これを撒くとすぐに凄い数の魚が寄ってきます。取り敢えず2缶買ったのですが、もっとたくさん買うべきでした。

ちなみにスーパーのレジ係はピーナちゃんでしたよ。

R3

海の中は透明度が高いので、水中メガネでとてもきれいに見えます。

R2

エサを撒くとすぐに魚が寄ってきます。

R5

海中に潜っている訳ではありません。立てる深さの所にも魚がいっぱいです。

R4

日帰りツアーでは約3時間ビーチでゆっくり出来ました。

ここには また来てみたいです。

Rota61

サービスカットです


ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

ロタ島 シュガートレイン廃線跡 2

ガイドさんのバンで シュガートレインの廃線跡を走りまわり ソンソン村にある製糖工場跡に到着しました。

Rota28

ここが製糖工場跡地です。爆撃が凄かったらしくほとんど原形が解らないほど壊れています。

その前には・・・・・

Rota24_3

無残なほどボロホロでかろうじて原形をとどめている蒸気機関車がありました。

C型タンク機関車ですが詳細はわかりません。

よ~く見ると車体には無数の機銃掃射を受けた跡が・・・・・・

Rota29_3

海風のためキャブ内はボロボロでした。
屋根も穴だらけで、床も抜け落ちそうな状態です。

Rota27_3

後ろからのショットです。

Rota30_3

島内観光はまたまだ続きます。


ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

ロタ島 シュガートレイン廃線跡 1

今回 ロタ島に興味を持ったのは、風光明美で海がきれいなところだけではありません。

実は かつてシュガートレインが走っていた島だからなのです。日本を含め東南アジア諸国にはかつて多くのシュガートレインが走っていました。

ここロタ島では西のソンソン村から中央部の空港近くのシナバル村までの約25キロにシュガートレインが走っていたそうである。

Rotamap2

このロタ島にシュガートレインが敷設されたのは、1920年代後期から1930年代初頭にかけて。台湾で砂糖産業を興し成功を収めた松江春治によって作られたという。

松江はサイパンにあった二つの製糖工場を買収し事業を拡大。沖縄からも多くの労働者を集め、1930年代までにテニアン島にさらに二つの製糖工場、そしてここロタ島にも製糖工場を建設しました。

1936年現在 砂糖は1.300万円 砂糖の副産物であるラム酒は100万円売り上げています。

サイパン・テニアン・ロタの3島で生産された砂糖は日本に出荷されていました。

シュガートレインは島の東部のシナバル村にあったサトウキビ畑から、ソンソン村にある製糖工場までサトウキビの運搬目的で敷設されました。

ところが戦争が激化するなか島内にも軍事施設や火薬工場などの化学工場も建設され、軍事鉄道としても使用されるようになっていくのである。

その後米軍機の爆撃や艦船からの集中砲火で鉄道は壊滅。

現在は島内に2台の蒸気機関車と製糖工場跡、それに廃線跡が残るのみである。

Rota36

たった1枚だけ残された シュガートレインの写真です。

Rota14_3

ここがシュガートレインが走っていた区間です。ジャングルの中のオフロードです。最盛期はシナバル村からソンソン村まで北側の路線と南側の路線があったようです。

Rota23_2

ここも廃線跡。舗装されている区間もあります。

次回は製糖工場跡に行ってみます。


ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

ロタ島 ロタ洞窟博物館

Rota15

ここは 日本統治時代の遺物です。

Rota16

入口には錆だらけになった旧日本軍の対空機関砲が飾ってあります。

Rota17

日本兵のヘルメットはもうボロボロ。あと数年で原型が無くなりそうです。

Rota18

ここは日本統治時代に日本軍の弾薬庫として使われていた洞窟です。

高さ30メートル 奥行きは76メートルもあります。

中には戦争の遺物が無差別に並べられています。

Rota21

奥行きは結構あります。

Rota19
Rota20

どんどんと奥に進んでいくと、急に天井の高い広い空間に出て行き止まりです。

Rota22

ここで洞窟は終わりです。ここの天井の高さは約30メートルもあります。

コンサートホールにしたら音響が良さそうですね。

次は 製糖工場跡とシュガートレインの廃線跡をめぐります。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月8日 - 2012年7月14日 | トップページ | 2012年7月22日 - 2012年7月28日 »