« フィリピンのエイズ患者4割増える | トップページ | マガンダちゃん 101 »

2014年2月 1日 (土)

フィリピン国家警察 ルーレットで拷問方法を決めていた

現地報道で、フィリピン国家警察が容疑者を拷問をしている事が発覚しました

詳細は以下の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国家警察ラグナ州本部の警官10人が、拘束された容疑者を拷問す

際、「ルーレット」を利用していた事件で、国家警察カラバルソン地

本部のガチャリアン本部長は29日、ラグナ州本部の本部長と情

報課長の2人を解任しました。

ガチャリアン本部長によると、2人は警官らが拷問に使用していた

「秘密の拘置施設」の存在を同本部長へ報告していなかったといいます

この拘置施設の敷地面積は200平方メートルほど。

同州本部の敷地外にある住宅街に設置されていたことが分かって 

おり、ガチャリアン本部長は29日に施設の閉鎖を指示しました。

そして拘束されていた26人を別の施設に移送させました。

一方、容疑者らの権利擁護を訴える民間団体は29日、拷問を行っ 

ていた警官らは拷問禁止法(共和国法9745号)違反で告発され

べきだとの声明を発表しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Gomon_2

いやはや 以前から悪名高い国家警察ですが、拷問で無理やり自白させていたんでしょうか?

フィリピンも北朝鮮並みですね。

拷問の種類をルーレットで決めていたというから、色々な拷問の仕方があったんでしょうね。

怖い 怖い

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« フィリピンのエイズ患者4割増える | トップページ | マガンダちゃん 101 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/59044278

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン国家警察 ルーレットで拷問方法を決めていた:

« フィリピンのエイズ患者4割増える | トップページ | マガンダちゃん 101 »