« 那覇市のフィリピンパブ | トップページ | 歓迎会のあと要救助者発見一名救出完了 »

2014年4月26日 (土)

PPでC国人が大騒ぎ

Pp110

昨晩 所属している団体の懇親会のあと 地元のPPに出撃してきました。

そこで始めて見た光景です。

英語で大騒ぎしている人物がひとりいました。

彼らは3人で来店しており、そのうちの一人は既に泥酔して寝込んでいました。

もう一人はまだ酔いつぶれてなく大人しく飲んでいます。

問題はこの大騒ぎしているヤツです。

最初は達の悪い酔っ払いの日本人かと思ったのですが、よくよく観察してみると日本語が超へたくそです。

店の娘に聞いてみると、日本に来たばかりのC国人ということがわかりました。

周りの迷惑を顧みず、英語でデカイ声でがなりたてて、店の娘とカードゲームをしています。

まあ それだけならなんとか許容範囲だったのですが・・・・・・・・・

そのうち各テーブルを回って、見知らぬ客とカードゲームを強要するようになりました。

大人しいお客さんが多かったので、いやいやながらも応じているようでした。

だんだんと自分のテーブルに奴が近づいてきました。

別にC国人は嫌いではないのですが、こういう失礼な奴にはきっぱりと意思を伝えた方がいいと思って

『迷惑だから あっちにいってくれ!』

SA LABAS KA!

と言ってしまいました。ケンカになればそれまでかなと覚悟はしていたのですが、奴はきょとんとしています。

日本語もタガログ語もわからないのかもしれませんね。

その状況を見て店側のスタッフもあわててそいつを席に連れ戻してくれました。

これで終わったのかと思ったら、実は大間違いでした。

そのあと始まったシンガーのミニステージに妨害に入りました。

マイクを奪って英語で何か喚き散らしたりしていたのですが、ついにはシンガーが歌っていたカラオケのスイッチを切ってしまいました。

これはさすがに営業妨害かなと思い、スタッフに警察を呼ぶことを提案しました。

まあ お店側としたらさすがに警察は呼ばないだろうなとは思いましたけど・・・・・

その後もそいつはあちこちのテーブルをさまよい歩き色々なお客さんに迷惑をかけていました。

ただみんな お客さんは紳士ですね。

自分みたいにつっかかったお客はいませんでした。

それにしてもC国人の酔いつぶれて無い仲間のもう一人は、注意どころか制止もせず知らん顔状態でしたね。

酔っているとはいえ、マナーが悪すぎ。

接客したピーナちゃんには散々日本の悪口を英語で言っていたそうです。

こんなやつは日本に来なくていいです。

せっかくPPで癒しのひと時を過ごそうと思ったのに・・・・・・・

災難でした。

まあ 日本全般に言えることですが、C国人は最近やたらと増えてきていますね。

東京でも大阪でも観光地でも見かけないことは少なくなりました。

うちの会社の隣の賃貸マンションは7割がC国人だと管理人が言っていました。

騒音とかゴミなどの問題でトラブルが絶えなく、日本人の家族がどんどん引っ越してしまったそうです。

そのうちC国人にすべて置き換わるのも時間の問題と言っていました。

郷に入っては郷に従え

この言葉はC国人は知らないのかな?

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 那覇市のフィリピンパブ | トップページ | 歓迎会のあと要救助者発見一名救出完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/59532465

この記事へのトラックバック一覧です: PPでC国人が大騒ぎ:

« 那覇市のフィリピンパブ | トップページ | 歓迎会のあと要救助者発見一名救出完了 »