« ビキニ美人 128 | トップページ | ビキニ美人 129 »

2014年9月23日 (火)

台湾の炭鉱トロッコ列車

先週 台湾に行ってきました。

少し時間があったので前々から行ってみたかった台湾煤礦博物館という所へ行ってきました。

台北から列車に乗り、平渓線の十分という駅で降ります。

ここから山道を30分ほど歩くか、運よく駅周辺でタクシーを拾うことが出来れば10分ほどで着きます。

ここは1997年まで新平渓煤礦公司という炭鉱のあったところで、現在は博物館として営業しています。

1001

入場料は200NT$ 

1002

ここが炭鉱への入口

1004

トンネルを抜けた所は広いヤードになっています

1003

坑内線にある機関車。戦前の日本の『ニチユ』製。かつては全線電化されていましたが、今はパッテリーカーに改造されて運行しています。

1007

こちらは小型の機関車の運転席。

1008

このおばちゃんは炭鉱の現役時代から40年も運転してきたベテランの機関士さん。

1011

炭鉱トロッコ列車の全編成

炭鉱の入口から石炭の集積場のあった月台公園までの1.2キロをこの炭鉱トロッコ列車が運行されています。

ダイヤは不定期ですが、お客さんがくれば随時運行されるみたいです。

ビデオで撮影しましたのでアップしておきます。

客車は貨車を改造したもので、めちゃくちゃ揺れますが楽しいですよ。

緑の中を走るので気分最高です。

出発の時の掛け声がいいですね。出発進行!! という感じかな。

わずか数時間しか滞在しなかったのですが、とても貴重な体験が出来ました。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« ビキニ美人 128 | トップページ | ビキニ美人 129 »

コメント

なかなか良いところを発見されましたね!!
私も機会があれば是非行ってみたいです。
もちろん天燈はあげてきましたよね。

投稿: 台北マンゴー | 2014年9月23日 (火) 12時38分

こんにちは♪

ここは炭鉱列車ですが、さとうきび列車は12月中旬から3月くらいまで運行されます。

現役で走っている台糖虎尾糖廠専用線はあと数年と噂されています。
今年度が最後のチャンスになるかも。
興味があるならせび行ってみて下さい。

もちろん天燈はあげました。山の上まで登って行きましたよ。

投稿: divi | 2014年9月23日 (火) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/60343329

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の炭鉱トロッコ列車:

« ビキニ美人 128 | トップページ | ビキニ美人 129 »