« 2014年4月20日 - 2014年4月26日 | トップページ | 2014年5月4日 - 2014年5月10日 »

2014年5月 2日 (金)

やはりピーナちゃんは怖い

先日昼すぎに とある腐れ縁の超極悪ピーナと食事する機会があったので、色々と面白い話を聞き出してきました。

Pp298


彼女はタレント時代からずっとPPで働いている超ベテランの娘です。

子供は一人いるのですが、すでに日本人の旦那とは離婚しているという典型的なピーナちゃんです。

見た目はすごくエロいのですが、年齢はすでに30歳半ばぐらいだったと思います。

得意技はターゲットの客を見つけてとことん貢がせること。

お客にお金が無くなるまで使わせるテクニックを持っています。

とてもやばそうな娘に思われるかもしれませんが

上野界隈のピーナちゃんにはこのタイプが実際多いんですよ。

皆様もお気を付け下さい。

まずターゲットの選び方を彼女に聞いてみました。

意外なことに、特にお客さんの性格はあまり関係ないそうです。

ターゲットになるのはこの方たちです。

★まず金持ちであること

身なりや持ち物 会話内容から判断するそうです。

貧乏人やこずかいの決っているお客さんは、お金の支払いに限度があるからターゲットからはずすそうです。

★次にケチでないかの判断

金持ちでもケチなら使わないから、気前の良さそうなタイプを探すんだそうです。

お願いされたら断れないタイプとかやりたいために話に乗ってくるお客さんなどもターゲットです。

いわゆる成金タイプのスケベおやじが一番のカモなのかもしれません。

★ターゲットが決ったらアタック開始

ターゲットが決ったらあの手この手でお客さんに猛アタックです。

ディープキスは当たり前、必要に応じて最終的にはソクソクまでするそうです。

出来ればソクソクはしたくないので、お金の引っ張れるお客さんはその段階に進むまでにとことん引っ張ります。

そのへんの駆け引きは彼女の秘密事項らしくなかなか教えてもらえませんでしたが、女の武器をうまく使うことは確かですね。

これらはすべてフィリピンにいる家族を養うためや、フィリピンでの事業資金を貯めるためなどなどで、お客さんへの愛などは一切ありませんから・・・・・・・

それも複数同時進行もあるというから凄いです。

勝手に勘違いして舞い上がってしまったお客さんは大変だと思います。

例え お客さんの口が臭くても キスするよ と言ってました(怖

簡単に落とせたなんて勘違いしているあなた。

実は奈落の底に転落する寸前なんですよ~

そして金の切れ目が縁の切れ目となるわけです。

人間は騙されて成長するのか はたまた同じ過ちをまた繰り返すのか・・・・・・・

この極悪ピーナちゃんには全く罪悪感などありません。

だって仕事をしてるだけですからねぇ。

教会に行けは罪はすべてチャラになってしまうようですよ。

でもこのピーナちゃんからは 『日本にいるピーナが一番悪い』

『あなたは特に気をつけなさいよ』 といつも注意されています(笑

でもこのピーナちゃん 自分の賞味期限のこともよく理解しております。

それで 今回色々な相談があったわけです。

また その話はそのうち。

よろしかったらポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

ビキニ美人 51

しばらく フィリピンに行っていないので、どうしても現地情報にはうとくなってしまいました。

年内にチャンスがあれば一度は行きたいのですが、プライベート旅行だとどうしてもフィリピン以外の国に行くことが多くなってしまいました。

実はパスポートを新しくしてからは、まだフィリピンの入国スタンプはひとつもないのです。

ドイツ・オランダ・台湾・グアムの四カ国だけですね。

前のパスパートは最初からフィリピン・フィリピン・フィリピンでしたから台湾やグアムに行く時に必ず尋問されましたよ。

入国回数が多いと怪しまれるのは、近隣諸国の中ではフィリピンぐらいですからね。

おかげさまで、その問題は今はすっかり無くなりました。

さて、暇な時にネットで集めたピーナちゃんの写真が結構溜まりました。

ネタ不足の時に順次アップしていきたいと思います。

P2153

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月30日 (水)

フィリピン国鉄(PNR)存続の危機

最近 徐々に整備され乗客も増えてきたフィリピン国鉄が存続の危機に立たされています。

南方線は現在運休していますので、このままいけば廃線になるの可能性もあるかもしれません。

ビコールエクスプレスにはJR東日本から譲り受けた14系寝台車が10両あるので、機会があったら全線を乗ってみたかったです。

以前のブログで書いてます こちら です。

北方線の復活の話題もちらほら出ていたのに、今後の成り行きを見守るしかないようです。

Pnr_dmu

乗客が増えてきたメトロコミューター

Pnr1

かつてはこんなに乗客がいたのかな?

乗車定員の数十倍ほど乗っていますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳しくは以下の通り↓

首都圏マニラ市ディビソリア地区とルソン地方ラグナ州サンタロサ市を結ぶ庶民の足、フィリピン国鉄(PNR)が存続の危機に直面している。

前身の公社から比国鉄への名称変更を制定した1964年の現行法が公社の寿命を50年と定めており、約2カ月後の6月20日には期限切れを迎えるためだ。設置期間を延長する法案をそれまでに成立させなければ「自然消滅」することになり、残された時間はあまりない

慢性的な交通渋滞やバス事故の多発で乗客数は増えており、追い風は吹いている。PNR幹部は大量輸送システムとしての意義を強調し、国会議員の説得を続けている。

PNRのエステリト・ニエルバ運行部長によると、公社寿命をさらに50年延長する法案は下院本会議第2読会を通過済みで、5月にも下院で可決され上院に上程される見通し。ビリヤール、レクト両上院議員が延長呼び掛けの中心におり、マルコス、エンリレ、エスクデロ各議員も支持するとみられるという。
赤字経営のPNRの民営化を望んでいるアキノ現政権は、高速道整備や首都圏鉄道(MRT)、軽量高架鉄道(LRT)の延長事業に比べ、PNRに対する関心が薄く、運輸通信省からは廃止の声も出たと同部長は嘆く。

PNRは、スペイン統治期の1891年に現在の首都圏とルソン地方パンガシナン州ダグパン市をつなぐ比初の商業運行を始めた鉄道「フェロカリル線」が起源。1960~80年代の全盛期には、一時北はルソン地方ラウニオン州、南はアルバイ州までをつなぎ、人だけでなく、アバカ(マニラ麻)やコプラ、家畜、砂糖、材木などの産品を運ぶ輸送システムの主流だった。
しかし、線路や車両の老朽化や台風による設備の破壊、高速道整備でバスやトラック輸送が台頭し、廃線や運休が相次いだ。

現在運行しているのは首都圏マニラ市ディビソリア地区のトゥトゥバン駅から、モンテンルパ市のアラバン駅を介しルソン地方ラグナ州のサンタロサ駅の約44キロを結ぶ「メトロコミューター」(1日往復約30本)と、南カマリネス州のナガ駅とシポコット駅を結ぶ約30キロの「ビコールコミューター」(1日往復2本)のみ。

JR東日本から譲り受けた「寝台特急北陸」の運行が期待される南方線「ビコールエクスプレス」(トゥトゥバン駅~ナガ駅間の377キロ)は、2012年10月にケソン州サリアヤ町で台風の影響により路肩の緩みで脱線事故が発生、修復・整備のため長期運休している。

赤字経営のため政府予算から補助金が交付されており、13年の補助金額は3億4400万ペソに上った。車両はJR東日本による寄付が多いが、1995年から2007年にかけて維持修理や整備事業で日本をはじめ外国政府が支援した借款約38億4千万ペソの支払いも残っている。PNRの収入源は運賃と所有する土地の賃貸料のみ。経営改革が必須の状態だ。

一方で、年間乗客数は12年の1569万人から13年には1996万人に急増した。ニエルバ運行部長は、「道路工事による慢性渋滞や頻発するバス事故、MRTやLRTに乗るために耐えなければいけない長蛇の列に人々は疲れている」と分析。

PNRの利点を 

★運賃が最も安い 
★渋滞がなく、速度も速い
★乗り継ぎが必要なバスやジプニーと違い、首都圏マニラ市からモンテンルパ市やラグナ州、ビコール地域まで直行できる 
★道路整備・修理よりもコストが安い 
★軌道の修理事業が完了すれば安全性も高い 

と指摘し、意義を強調する。

メトロコミューターは、朝夕のラッシュ時はすでに許容量を超えており、列車を増強し、現在午前5時?午後8時の運行時間を午後10時まで延長すれば、さらなる乗客増が期待できる。同部長は「ビコールエクスプレスも9月にナガ市で開催されるペニャフランシア祭りまでに、運行を再開する予定。そのためにも公社寿命の延長が最優先だ」と力を込めた。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

マガンダちゃん 115

ドイツの民族衣装のディアンドルの似会うお姉さんをシリーズでアップしています。

ピーナちゃんファンの皆様方はしばらくご辛抱下さい。

G1551

今日はオマケを1枚アップしておきます↓

G2151

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

歓迎会のあと要救助者発見一名救出完了

自分は地元の消防団に所属しているのですが、昨晩新入団員の歓迎会がありました。

うちの支団は駅前と繁華街を担当している都市部の消防団です。

民家火災よりもビル火災が多いエリアです。

最近は火災も減少してきていますが、未だに多いのが放火の疑いのある不審火です。

皆様も油断せずに火のもとには充分お気を付けください。

消防団はボランティアの消防防災組織なので、それぞれが仕事を持っています。

仕事中は余程の大火災でない限り自分は出動できないので、夜間専門に出動しています。

以前は各自に支給されている消防無線で出動指令が出ていたのですが、消防無線がデジタル化されてしまったのて゛、現在は聞くことが出来なくなってしまいました。

新しいデジタル受令機(受信機のこと)はまだまだめちゃくちゃ高いのです。

保管の管理も厳しいし、うちらの予算では当分買うことも出来ませんね。

そんなわけで、現在は火災出動指令は各団員の携帯に消防局からメールで指令が入るシステムになっています。

このメールがくせもので、昼間の時間帯はそれなりに気づくのですが、深夜寝ている時はメールの着信音を大きなものに変えても気づかないことが多いのです。

爆睡状態で何回も仲間から電話攻撃をされて、起こされたことがありますよ。

で、今回団に入ってきた新人さんは20代のラッパーです。

見た目はギャングにしか見えないのですが、なかなか使えそうなやつです。

本業は市場の仕入れ担当をやっているそうで、様々な商品知識にはおそれいりました。

人は見かけで判断できないですねぇ。

Kyukyu1

一般的な救急車の内部

居酒屋での歓迎会が終わり、外に出たらなんと道路脇に若い女性が倒れているではありませんか。

その周りには人垣が。

周りの人に救急車は呼んだんですか?と聞いてみたら

交番のおまわりさんを呼びに行ったという驚くべき返事が帰ってきました。

警察と消防の区別のつかない人達っているんですねぇ。

警官を呼んでも救急車要請は出来ますが、一番早いのは119番通報なんです。

我々は消防団だったので、速攻で119番通報して現状報告。

性別・およその年齢・脈あり・呼吸あり・意識なしと救助者の情報を伝えました。

よくよく観察してみると酒臭いし急性アルコール中毒の疑いもあったので、体と頭を横向きにさせ気道の確保と保温をして救急車の到着を待ちました。

ちょうどそのころ2名の警察官も到着。

警官にも今までのいきさつと要救助者の状況を伝えました。

一応様子をみながら吐いて無いことを確認。

嘔吐物があると危険なので要注意なのです。

仲間はすでに救急車の誘導の体制に入っています。

およそ5分で救急隊が到着。

新人さんの団員にも要救助者の荷物をまとめる手伝いをしてもらい無事に救急車に収容。

とりあえず一見落着しました。

我々は火災だけでなく救急救命講習も毎年実施しているので、こういった現場は慣れています。

今回は見たての通り急性アルコール中毒だったので、上手く対処できたのてすが、それ以外の例えば交通事故などで出血が多い場合などはさすがに慣れていないのであわててしまいますね。

止血法は訓練では習っていますが、実際の現場では何が出来るのか状況によって難しいところです。

救急車は収容先の病院の選定に時間がかかっているようです。

うちらのエリアには24時間の救急指定病院が1軒もないので、なかなか収容先が決まりません。

救急車がやっとサイレンが鳴って走り出したころ、我々はまた二次回の会場へと向かいました。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月20日 - 2014年4月26日 | トップページ | 2014年5月4日 - 2014年5月10日 »