« 台湾 虎尾糖廠馬公厝線 その8 | トップページ | 地元に出来た新しいPスナック »

2015年6月 3日 (水)

台湾 虎尾糖廠馬公厝線 その9

台湾サトウキビ列車撮影の旅の続きです。

Map1

高鐡の高架橋を過ぎて、大きな道路を渡ると虎尾の市街地まであとわずかです。

Tw37

かつては複線でした。使われていない線路は網で囲われてニワトリが放し飼いされていました。

このあたりは別の支線との合流地点近く。廃線跡はまだ所々残っています。

Tw38

草むらの中には、旅客営業していた当時の信号が残っていました。現在はもちろん使われていません。

Tw39

正面に見える煙突は製糖工場の煙突です。

やっとここまで戻ってきました。

Tw41

現在使用されていない線路は、駐車場状態。

サトウキビ列車は右手にある線路を走ります。

Tw42

こちら側が現在使用されている線路です。

3月下旬にサトウキビ列車の運行が終わると、運行再開の12月まで線路は無法状態になります。駐車場や露店が並んだりして線路は見えなくなってしまいます。

毎年廃線の噂話が飛びかっているこの虎尾糖廠専用線ですが、今年の12月に運行がまた再開されることを願っています。

また 機会があれば行ってみたいと思います。

To82

おまけ写真です。

ヤード内では1日数回入れ替え作業が行われています。

撮影時は事故の無いように十分お気を付けください。

撮影日 平成27年1月中旬

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 台湾 虎尾糖廠馬公厝線 その8 | トップページ | 地元に出来た新しいPスナック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/61676719

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾 虎尾糖廠馬公厝線 その9:

« 台湾 虎尾糖廠馬公厝線 その8 | トップページ | 地元に出来た新しいPスナック »