« 長瀞の鮎めし | トップページ | 蕨の東口のPPへ »

2015年7月12日 (日)

なんでお客入ってるのかな?

22c


PP行脚絶好調です。

しかし 慢性的な軍資金不足で持ち球にも限りがあるので、基本的に同じお店には 連続して行かないルールにしてみました。

昨今 通いたいほど素晴らしいPPはめったにありませんから、特に問題もないかと思われます。

そんな訳で近場ですがまだ行ったことのないエリアに突撃です。

京浜東北線の蕨駅で降りてみました。

この蕨市は埼玉の県南では比較的PPの多いエリアです。

街中を歩いていてもフィリピン人を見かける機会の多い街です。

東口、西口合わせて10軒ほどのPPおよびP系スナックが点在しています。

その中の大箱店のひとつである西口の某PPに行ってみました。

長年PP行脚をしていますが、ここに入るのは初めてでした。

蕨一の在籍数を誇るPPです。

まあ 量より質なんですけどね・・・・・・・・

入るとスタッフはどこかで見た感じ。

以前どこのお店のスタッフだったか忘れましたが、ここに流れ着いていたんですね(笑

ざっと店内を見渡すと待機中のババエは4名だけ。

あとはすべて接客中でした。

初めて入った店はいつもそうなんですが、ベテランのババエ達の視線が痛いほど突き刺さります。

新顔の鴨客かどうか見定めされてるんでしょうね。

フリーの新規客はベテラン勢の餌食みたいなもの。

喰いつきは良好です。

今回は初めてだったので、色々紹介も兼ねて回してもらうことにしました。

待機嬢から付くと思っていたのですが、最初は接客中の中堅ベテランピーナがやってきました。

しょっぱなから切り札なのかセクシー系の巨乳嬢でしたよ。

年は30中半か後半くらいかな?

あと彼女が10歳ほど若ければビンゴだったかもしれません。

ただやたらとタバコ臭かったので個人的にはボツかな。

会話はまあまあ盛り上がりましたが、何か物足りなさが・・・・

次のババエはビサヤ嬢。

細めで貧乳タイプ。年は30歳オーバー。

会話が長続きしなかったので、タガログ語全開モードに入ってみました。

そしたら結構ノリが良くて楽しい娘でした。

ここで1セットの時間切れ。1人30分で回してくれてるようです。

さすがに2人では物足り無かったので、1セット延長しガンガン回してくれと頼みました。

しかし 次々にお客さんが入ってきて待機嬢は一人だけ。

席に着いたのは40後半と見られる超ベテラン嬢。

一瞬テンション下がりましたが、会話はなかなかのもの。

あの手この手の顧客獲得合戦に巻き込まれ、ことあることにおっぱいをぐいぐいと押しつけてきましたよ。

久しぶりの感触で少しだけテンション上昇。

単純な色仕掛けなんですが、これに嵌まってしまうオヤジさんが多いんでしょうね。

どうせなら思い切り揉んじゃえばよかったかな(笑

体を張った指名獲得作戦には少したじろぎましたが、こちらもベテランのお客さんです。

場内指名もババドリ要請もうまくかわすことが出来ました。

そして最後のババエ登場。

今日 席に着いた中では一番若い感じのババエでした。

30c

↑こんな雰囲気のババエでしたよ。

愛嬌のあるキュートな笑顔がなかなかいいです

自称 シングル・子供なし

セクシー系ではありませんが、性格は一番よさげでした。

しっかりと名刺をいただきましたが、冒頭に書いたPP行脚のルールのため再訪は当分の間無いと思います。(残念)

あっと言う間の2時間。4人のババエが付きましたが、まだまだ大箱のため全体像がはっきりと見えません。

どこに行ってもPPの熟女化が進んでいますが、ここは特にベテラン熟女度が高いと感じました。

それなのになんでこんなに賑わっているのか不思議です。

他に競合店がいくつもあるのにね。

たぶんベテランピーナちゃん達のお客さんの取り込みというか囲い込みがうまいんでしょうね。

自分的にはここは残念ながらパスかな。

百戦錬磨のベテラン勢が多すぎ。しかもうざったさ満載なのはマイナス評価かな。

新人さんもバランス良くいないと面白みに欠けてしまいます。

ちなみにプライスは2セットでトータル6.600円でした。

ドリンク・ドリンクとうるさかったのは4人中1人だけ。

自分はフリーで入った場合は、ドリンクはすべて断ることにしてます。

もちろん指名したらガンガン飲ませますけど・・・・・・

PP行脚はまだまだ続きます。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

|

« 長瀞の鮎めし | トップページ | 蕨の東口のPPへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120836/61868064

この記事へのトラックバック一覧です: なんでお客入ってるのかな?:

« 長瀞の鮎めし | トップページ | 蕨の東口のPPへ »