2019年7月19日 (金)

フィリピン 南北通勤鉄道の車両たち

 

前回に引き続き 南北通勤鉄道の話題です。

 

住友商事とJR東日本の子会社である総合車両製作所は、7/16に南北通勤鉄道の鉄道車両の納入契約を250億円でフィリピン政府と結びました。

車両は省エネ性能を従来より向上させた新車両。ステンレス製で軽量化も図っています。

納入されるのは全部で104両。1編成8両連結なので、13編成が納入されます。

20190717-4

納入予定の車両のイメージ写真です。

省エネ型の軽量ステンレス車両で、最高時速160キロで運行される予定です。

20190717-3

2023年にはトゥトゥバン~マロロス間が完成するので、その2023年の2月に全車両の引き渡しの予定です。

このプロジェクトは日本政府開発援助事業のひとつです。

マロロスまで開通したのち、2025年くらいまでクラーク国際空港を経由して、タルラック州のニュー・クラーク・シティまで延伸する予定です。

 

フィリピンではインフラ整備が急ピッチで進められていますので、空港・鉄道関係は今後ますます利用しやすくなっていくと思います。

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

フィリピンの南北通勤鉄道 クラーク国際空港まで延長決定

 

南北通勤線はマニラ首都圏からマロロス市までの工事はすでに始まっています。

詳細については過去ブログ参照。こちらからリンクします↓

http://divisoria.air-nifty.com/bre1/2019/06/post-b164b7.html

 

20190618-2_20190713155401

 

先日のニュースでクラーク国際空港までの延長が確実となりました。

 

7/11にアジア開発銀行は、南北通勤鉄道のブラカン州マロロス市からパンパンガ州のクラーク国際空港までの52キロの北方線延長事業について、13億ドルの融資契約をフィリピン政府と結びました。

インフラ事業が続くフィリピンでも、この融資は単独のインフラ融資案件では過去最大となるそうです。

 

フィリピン国鉄の北方線は元々ラウニオン州サンフェルナンドまで延伸していました。

当時は鉄道よりも道路整備に予算が重点的に割り当てられていたため、整備することも出来ず老朽化が激しく運行できる状態ではありませんでした。

徐々に区間区間で運休状態になり、1991年のピナトゥボ火山の噴火により全面運休。

そして廃線状態になってしまいました。

 

その後復旧計画が幾度も浮上し、政権が変わるたびに工事が始まったり、中止になったりの繰り返しでした。

今回は、しっかりと予算が付いたので実現出来そうですね。

マロロス市までの延長事業は日本の企業が担当しているので、これは確実に完成すると思います。

 

マニラ首都圏からマロロス市までは複線の高架鉄道なので、マロロス~クラーク国際空港間も同じく高架鉄道になるのだと思います。

Pnr1_20190713153501

 

トゥガデ運輸長官は『クラーク国際空港までの工事も今年中に着工して1922年までに完成したい』と言っていました。

1922年というのはドゥテルテ大統領の任期中に完成したいという思惑なんでしょうが、建設計画だと2025年くらいみたいですね。

果たして3年も短縮できるのか、マロロスまでは1923年の完成予定なので早くてもそのくらいの時期なのかもしれません。

完成後はマニラ首都圏からクラーク国際空港まで60分。最高速度160キロで運行するそうです。

フィリピン初の高速鉄道、無事に完成することを祈っています。

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

三沢の星野リゾートで廃線跡みつけた

 

青森県に所用で行った時に、前からどうしても泊まってみたかった宿に行ってきました。

『星野リゾート青森屋』です。ここは予約がなかなか取れないほどの人気の宿です。

平日だったのでなんとか予約出来ました。

青い森鉄道の三沢駅でおります。

Img_0417 

Img_0418

かつては東北本線の駅でしたが、今は地方ローカル線の駅。

ここから十和田観光電鉄という私鉄が十和田市駅まで運行されていたのですが、平成24年に廃線になってしまいました。

高校生くらいのときに一度乗りに来たことがあります。

当時は野辺地駅から七戸駅までの南部縦貫鉄道(2002年に廃線)のレールバスが人気で、その撮影の帰りに寄ったのだと思います。

その時まだこの電鉄は最盛期で、車内も結構混んでいた記憶があります。

Photo_20190707130501

まだ駅舎が残っているという情報でしたが、しかし時遅く駅前は当時の面影は全く残っていませんでした。

ちょうど駅前の再開発事業が始まっていて、しばらく残っていたレトロ感漂う十和田観光電鉄の駅舎とプラットホームはすでに撤去済みでした。

残念でした。

来年完成すると駅前広場はローカル駅とは思えないほどきれいになります。

 

 

ホテルまでは、三沢駅から送迎バスで5分ほどです。歩いても楽に行ける距離です。

その車窓から廃線跡をたどってみたのですが、すでに造成中でまるで面影は残っていません。

ホテルの玄関口に到着するすぐ手前で、一瞬だけチラッと廃線跡が見えました。

 

鉄道ファンは見逃さないです。

 

フロントでチェックインもせずに、荷物だけ預けてカメラを抱えて見に行って来ました。

Img_0400

ホテルの玄関口からわずか20メートルくらいの所にそれはありました。

草むらの中に、わずか10メートルほどですが、線路がしっかりと残ってました。

Img_0398

反対側はすでにレールが撤去されていて、電柱のみが残っていました。

いずれこのレールも撤去されてしまうのかと思います。

時間があれば付近を散策してみたかったですが、今回はスケジュールがぎっちりなのでまた次回です。

 

 

青森屋は星野リゾートが運営しているだけあって、すべてにおいてレベルが高かったです。

この宿は青森の伝統文化が楽しめるコンセプトになっています。

館内はインスタ映えする撮影ポイントがいっぱいです。

Img_0352 

Img_0331

Img_0333

民謡ショーや太鼓ショー。青森ねぶたの実演ショーなどエンタメが満載。

静かに過ごすというよりか、見て楽しむ感じですかね。

Img_0327

事前に予約すれば、夕食を食べながら青森ねぶたのショーが楽しめます。

 

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

フィリピン共和国 南北通勤鉄道

20190618-2

星の数ほどある自分の趣味の中に、『鉄道』というものがあります。乗り鉄・撮り鉄・切符収集など色々なジャンルがありますが、自分は鉄道関連ならすべてです。

フィリピンの鉄道にも興味があるのですが、残念ながらまだ1度もPNR・LRT・MRTに乗ったことがありません。

かすかに記憶があるのは、まだ学生時代に渡比した時に、ネグロス島のシュガートレインに乗せてもらったことがあるくらいかな。

あとはフィリピン滞在時に、ケソン州の田舎町でエンジン付きのトロッコに数回乗ったくらいですかね。

 

 

つい先月に大成建設がフィリピンの南北通勤鉄道事業を受注したようです。

これは日本政府の開発援助プログラムで、マニラのツゥツゥバンからブラカン州のマロロスまでの総延長38キロの北方線延長事業です。

大成建設が担当するのは、ツゥツゥバンからブラカン州のボカウーまでの21キロ。高架橋と6か所の駅舎・そして車両基地の建設を1.100億円で受注したのだそうです。

完成予定は4年後の1923年。

Pnr2-2

完成後のイメージ写真

Pnr1

最終的には延長してクラークあたりまで出来れば、マニラ空港とクラーク空港を結び、とても便利になります。

かつてPNR北方線はラウニオン州のサンフェルナンドまで伸びていたそうですが、老朽化とピナツボ火山の噴火で廃線になっています。

無事に完成したら、ぜひ乗ってみたいものです。

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

東武鉄道へSLを見てきました

東武鉄道にSLが復活運転開始したのが、昨年の8月です。

行こう行こうと思っていましたが、なかなか機会が無くやっと行って来ました。

今年の運行スケジュールはこれです↓

2


3


運賃はこれ↓

4

そして運行区間とダイヤです↓

1


Sl2


Sl3


Sl4


鬼怒川公園駅前には転車台があり、10:30 13:50 17:25の3回、ターンテーブルで向きを変えるSLを見ることが出来ます。

Sl8


Sl7

観客が多いだけあって機関助士さんも笑顔 笑顔

Sl12


Sl13


Sl14

久しぶりに鉄ちゃんしてきました

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

フィリピン国鉄に貨物列車が走る?

Pnr1


ひと昔前と比べて着々と整備されて、まともに列車が走り始めたフィリピン国鉄ですが、将来的には貨物列車がマニラ市~カランバ市の区間で走ることになりそうです。

鉄ちゃんとしては、とても興味あるニュースです。

機関車は現役のものがあるとして貨物はやはり日本からの中古車両を使うようになるのかもしれませんね。

24時間に渡り運行とのことですが、実現すればこの区間でフィリピン国鉄の線路を不法使用して運行している簡易トロッコが走れなくなりそうですね。

Pnr2

ちなみにフィリピン国鉄の線路には、このような簡易トロッコがいっぱい走ってますよ。

列車の本数が少ないから、いまだに簡易トロッコの需要が多いのです。このトロッコ達のせいで列車のスピードは上げられません。

マニラ市とラグーナ州カランバを結ぶメトロ・コミューターが整備された後は60キロくらいで爆走していましたが、案の定事故が多発。現在は40キロくらいでノロノロ運転しています。

ニュースはこちら↓

フィリピン国鉄は7日、マニラ市トゥトゥバン駅とラグナ州カランバ市を結ぶ貨物鉄道線運営計画について、マニラ電力系列のMrail社および国際コンテナ・ターミナル・サービス社(ICTSI)との間で3月末までに基本合意する見通しだと発表した。同事業は既存の比国鉄の軌道を使い、1日24時間にわたり貨物列車を運行させるもので、貨物滞留問題の改善につながると期待されている。

 

Pnr4


日本から渡った中古車両も多いのです。

↑の写真はキハ52気動車。その他203系電車などが使われています。

203系は電車なので、電化されていないフィリピン国鉄では走れません。苦肉の策で車内に大型の発電機を設置し、発電しながら走行しています。

これも発電機のスペースが大幅に取られることから不評。

現在は普通客車としてディーゼル機関車に牽引されて運行されています。

Pnr3

これは以前、メトロ・コミューターで起きた脱線事故。

原因が線路の盗難です。

いかにもフィリピンらしい事故です。

おかげで韓国の援助でやってきた気動車もおしゃか様に。

予算難のため現在も故障中です。

結局、フィリピン国鉄で活躍するのは耐久性抜群の日本の車両たちということになりますね。

鉄道ファンとしてなかなか目の離せないフィリピン国鉄です。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

台北駅のお土産

T2


台北に行った時に、台北駅構内にある鉄道グッズを売っている売店で見つけました。

台湾鐡路管理局のE200型電気機関車のおもちゃです。

チョロQのように走るのですが、動力の仕組みは子供のころあった昔のミニカーのようなタイプです。

チョロQのように機敏には走りません。

本物の写真はこちら↓

T5

台湾鐡路管理局の主力電気機関車です。米国から輸入した機関車なのでデザインがアメリカぽいですね。

ちなみにこれも買ってしまいました。

T1


台湾高速鉄道の700T型新幹線です。

日本初の輸出用新幹線車両として、JR東海、JR西日本が共同開発した車両です。

最高時速300キロ、台北から高雄の左栄駅まで1時間30分で爆走しています。

T6

台湾は結構鉄ちゃんが多いのでマニア向けのショップも多いです。

特に若い女性の鉄ちゃんを多く見かけました。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

SL銀河

先日、釜石線を走っているSL銀河を撮影してきました。

SL銀河についてはこちらからリンク

鉄道での移動だったのですが、SL銀河の停車時間が長いので2か所で撮影出来ました。

車での移動なら3ヶ所くらいで撮影できるのですが、下調べして無かったし車の運転が面倒だったのであきらめました。

あわてて事故でもおこしたら大変ですからね。

まずは新幹線に接続している新花巻駅から快速列車『はまゆり1号』で小佐野駅まで移動します。

途中陸中大橋駅で降りたかったのですが、列車交換で駅には停車するのですがドアは開きません。

通過駅なんですね。

この駅に停車してくれればSLファンにはありがたいのですが、快速列車なので仕方ありません。

この快速列車が終点の釜石駅に到着すると、すぐにSL銀河が出発してしまうので、ひとつ手前の小佐野駅で降りて待つことにしました。

降りてからまもなくSL列車がやってくるのでホームからの撮影です。

Sl1


結構いい煙でやってきました。

次の列車まで1時間近くありますが、駅の周辺には何もありません。

雨も強くなってきたので、駅の待合室で大人しく待ちます。

12:10小佐野発のディーゼルカーで次の撮影地の柏木平まで向かいます。

途中、遠野駅でSL銀河を追い抜きます。SL銀河は遠野駅で73分も停車するので楽々追い越せるのです。

柏木平駅から少し鱒沢駅よりの林の中で、SL銀河を待ちます。

雨が降ったりやんだりのいまひとつの天気です。

カメラが濡れないようにビニールシートをかぶせて待ちます。

Sl3


煙はいまひとつでした。普段は黒煙を上げて登ってくるのですが、ほとんど水蒸気のみでした。

Sl2


雨がそれほど強く降らなかったのが幸いでした。

次の列車で帰りたかったのですが、あいにくまた快速の『はまゆり6号』ため柏木平には停まりません。

雨の中、隣駅で快速の停まる鱒沢駅まで歩くことにしました。

線路沿いの国道をてくてくと30分ほど歩いて鱒沢駅に到着。

快速が停まるのが不思議なくらいの小さな無人駅でした。

はまゆり6号は定刻通りに到着。

新花巻駅から新幹線に乗り換えて宿泊地の仙台まで向かいました。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

秋田から青森へ

秋田駅周辺でゆっくりと休憩してから再び列車に乗ります。

A16


乗るのは秋田駅14:17発のリゾートしらかみです。

この列車は急行でも特急でもありません。

快速列車なのですが、全車指定席と言う特別列車なのです。

N12


風光明美な五能線を走る列車なので特に人気があり、なかなか指定席が取れない列車なのです。

A10

このリゾートしらかみは『青池』『ブナ』『くまげら』の3編成があります。

今回は『くまげら』という編成に乗りこみます。

A11

快速列車には見えないほど豪華な車両です。

五能線は電化されてないのでディーゼルカーです。

A12


A13

1両だけ豪華なボックスシートが連結されています。

シートアレンジでフルフラットにもなります。

ボックスシートの定員は4名。

混雑時は相席になってしまいます。

A14


普通の指定席はこんな感じ。窓か大きいのが特徴です。

座席間がゆったりとしていて、グリーン車なみに広々としています。

足元が楽ちんですよ。

A15


先頭車両には展望席やサロン席もあります。こちらは無料で利用できるスペースです。

A17

A18_4


五能線沿線は特に景色がきれいです。

要所要所のポイントでは車内説明もありスピードダウンもしてくれます。

A19

先頭車の展望席からの眺めです。

秋田から青森まで約5時間の旅でした。

さすがにずっと座っているとお尻が痛くなりますね。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

新潟から秋田へ

新潟での所用も終わったので、せっかくだから鉄道の旅でもすることにしました。

今回はJR東日本全線4日間乗り放題の切符を購入していたので、乗り鉄をすることにしました。

この切符は『大人の休日倶楽部パス』特急や新幹線の自由席にも乗ることが出来ます。

指定席券は6回まで無料というのも嬉しいですね。

夢のようなお得な切符ですね。

料金は4日間で15.000円です。

N11

予約したのは秋田行きのいなほ1号です。

指定席券はパスを見せれば6回まで無料で予約出来ます。

 

A1


新潟駅発8:27の特急いなほ1号に乗りました。

秋田まで3時間半の列車の旅です。

この列車かなり混んでいましたよ。

ほぼ満席状態でした。

A2


A3


車窓はこんな感じで退屈しません。

日本海沿いに走るので景色はいいですね。

秋田には12:04に到着。

改札口を出ると秋田民謡でお出迎えです。

A4


A5


なんか旅行してる気分になってきました。

昼飯は駅そばにある稲庭うどんの店へ。

A6


無限堂というお店です。

かなり人気のある店で15分ほど待ちました。

A8

店内はめちゃお洒落です。

ステンドグラス風の照明はきれいです。

A9_2


注文したのは稲庭うどんと秋田牛の肉豆腐セット。

とても美味しかったですよ。

少し秋田で休憩してから五能線経由で青森まで向かいます。

ランキングに参加しています。ポチッとひと押しお願いします ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧