鉄道マニア

2019年12月16日 (月)

ミンダナオ鉄道事業

 

ドゥテルテ大統領はインフラ投資推進事業『ビルド・ビルド・ビルド』(作って作って作りまくれ)を政策としていますが、残念ながら資金難のためそのほとんどが実行されていません。

インフラ整備主力事業100のうち、過去3年間に着工したのはわずか9事業のみ。

20191215-2

 

ミンダナオ島の鉄道事業も予定通り進むか微妙なところですが、中国政府が借款を提供する予定なので、うまくことが進めば具体的になりそうです。

第1期鉄道事業計画だと北ダバオ州タグム市からダバオ市を通り、南バダオ州のディゴス市までの約100キロの鉄道ルートです。

仮に来年着工出来たとすると2022年に完成の予定だそうです。

利用者は1日13万人と予想され、タグム市からディゴス市まで3時間30分かかる移動時間が1時間20分に短縮されるそうです。

 

なかなか予定通りには進まないとは思いますが、鉄道ファンとしては今後の成り行きを見守りたいと思います。

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (2)

2019年12月 8日 (日)

フィリピン国鉄 ラグナ州ロスバニョスまで延伸運転

 

フィリピン国鉄(PNR)が12/1からラグナ州ロスバニョス町まで延伸運転を始めたようです。

元々線路はあったのですが、整備不良のため列車が運行できるような状態ではありませんでした。

かつてはレガスピまで延伸していて、夜行列車として日本から譲渡されたブルートレインが運行されていました。

10数年前の台風で、橋の流失、線路の流失などがあり、しばらく運行されていませんでした。

Pnrmap

線路は残っていたので一部は荒れ放題に、一部は地元住民が簡易トロッコを無許可で運用して、住民の足となっていました。

その後、マニラ市トゥトゥバン駅からラグナ州カランバまでは線路が整備され、列車が運行されていました。

20191207-2

今回延伸したのは、カランバ駅から国際稲研究所(IRRI)駅までの5駅。

CALAMBAから先の駅は PANSOL・ MASIU・ LOS BANOS・ COLLEGE・ IRRIとなります。

現在の所 TUTUBANからIRRIまでは1日わずか1往復のみ。

あとCALAMBAからIRRIまで1日1往復あります。

 

タイムスケジュールは、IRRI発は早朝の05:26。TUTUBAN着が08:14

帰りはTUTUBAN 16:56発 IRRI着 19:56 です。

時間帯としては早いですが、マニラへの通勤の足として設定されているようです。

料金は150ペソ。渋滞もないので、バスや車よりは早いと思います。

運行車両は日本から譲渡されたキハ59の3両編成。気動車です。

20191207-4

この車両はJR東日本のジョイフルトレイン『こがね』だったもの。かつて仙台~気仙沼間を運行していました。

特徴はゆったりとした回転式のリクライニングチェア。収納スペース付テーブル、足掛けまで付いた豪華車両。もちろんトイレも完備しています。

Pnr11

 

CALAMBAから IRRI間は   

CALAMBA 04:53 発  IRRI 05:14着 

 IRRI 19:1956発 CALAMBA 20:17着

この運行は列車がCALAMBAの車両基地から発着するためのもの。

あえて回送列車にしないで営業ダイヤに組み込んでいます。

 

今のところ利用者は少ないようですが、利用者が増加すれば運行本数も増やすということです。

PNRはすでに37車両をインドネシアに発注しており、12月中旬に6両、来年2月までに31両がフィリピンに届くそうです。

今後PNRが快適に利用しやすくなれば、利用者も増えて行くと思います。

 

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

長崎電鉄 5系統

長崎電鉄 5系統に乗ってみた

 

長崎電鉄5系統 行先板の色は緑

 

★区間は蛍茶屋から石橋までの3.5キロ

★全線所要時間 20分

★めがね橋・新地中華街・大浦天主堂(グラバー園の最寄り駅)など観光ポイントがたくさん

★新地中華街駅で1系統と乗り換え可能(乗換券が必要)

 

0000113_20191005160401

市民会館近くを走る5系統

 

0000177

めがね橋駅を出ると中島川の鉄橋を渡ります。

0000178

浜町アーケード駅で5系統の上下線とすれ違います。

Na20

新地中華街駅付近を走る5系統。

新地中華街駅で降りるときに『乗継券』をもらえば1系統に無料で乗継が出来ます。

 

0000114

大浦海岸通り駅

000019

終点の石橋駅。

0000110

線路はここで終点になります。

 

これで長崎電鉄完乗です。

 

Img-2

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

長崎電鉄 4系統

長崎電鉄 4系統に乗ってみた

 

長崎電鉄4系統 行先板の色は黄色 

 

★区間は崇福寺から蛍茶屋までの2.9キロ

★全線所要時間 14分

★一番区間距離の短い路線です

 

00001107

000081

思案橋~観光道を走る4系統

00001112

浜町アーケード駅。買い物に便利な駅で乗降客も多いです。

00001113

めがね橋のある中島川の鉄橋を渡る4系統

00001109

00001108

めがね橋に行くなら4系統か5系統です。

00001110

終点の蛍茶屋駅です。

この駅からは3系統・4系統・5系統の電車が折り返し運転します。

Img-2

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

長崎電鉄 3系統

今日は台風のため、仕事は休みになりました。

夕方から夜間にかけて台風が関東地方直撃になります。

今回はマジで台風の威力が凄そうです。

皆さん 十分にお気をつけください。

 

 

 

長崎電鉄 3系統に乗ってみた

Img-2

なぜか2系統は無いようです。

元々ないのは不自然なので、すでに廃止されたのかもしれません。

違っていたらすみません。

 

長崎電鉄3系統 行先板の色は赤

★区間は蛍茶屋~赤迫 7.4キロ 

★全線所要時間 33分

★一番区間距離の長い路線です

★長崎駅前から赤迫まで1系統と同じ路線を走ります。

★蛍茶屋から諏訪神社まで4系統・5系統と同じ線路を走ります。

 

0000192

起点の蛍茶屋の車庫です。

0000186

蛍茶屋駅です。ここには待機線もあります。

車庫に入る車両は直進し車庫に入ります。

折り返し運転の車両はここから折り返し出発します。

諏訪神社までは4系統・5系統の電車と同じ線路を走ります。

市民会館駅は3系統だけ交差点を曲がった先にあります。

0000191

長崎駅前から赤迫まで1系統と一緒の線路を走ります。

0000195

0000190  

長崎駅前は絶好の撮影ポイントです。

0000188

終点の赤迫駅に停まっている新型電車

0000189

3両連結の大型車両で定員は73名です。

0000193

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

長崎電鉄 1系統

長崎電鉄 1系統に乗ってみた

 

長崎市には長崎電気軌道株式会社 通称 長崎電鉄 という路面電車が走っています。

大都市で4系統もの路面電車が走っている所は珍しいです。

路面電車はエコなので、最近都内池袋でも復活の兆しがあるようです。

4系統すべて乗ってきましたので、簡単にレポしておきます。

前にも書いた通り、市内観光には『電車1日乗車券』大人500円が便利です。

長崎駅観光案内所または市内ホテルのフロントで販売しています。電車内では購入出来ませんので注意が必要です。

Img-2

 

長崎電鉄1系統 行先板の色は青

★区間は崇福寺から赤迫までの7.3キロ 

★全線所要時間35分

★新地中華街で5系統に乗り換え可能(乗継券必要)

★乗降客の多い人気路線です

★主要観光ポイントを網羅。

 

 

000061

起点の崇福寺を出発するアニメ電車

000051

000141

000131

アニメ電車は1両のみ。出会えたらラッキーです。

000018

思案橋の駅は利用客が多いです

0000116

観光通駅です。アーケード街へ行くならここが最寄り駅です。

0000117

新地中華街駅は1系統と5系統の乗り継ぎ駅。

降りるときに乗継券をもらえば、乗り換えが無料で出来ます。

0000157_20190928181301

新地中華街駅を出ると右にカーブして狭い道に入ります。

ここは道幅が狭いので、車も線路の上を走ります。

大通りに出た所が出島駅です。

 

0000185 

長崎駅前は主要駅です。

電車の撮影は歩道橋の上から色々なアングルを狙えます。

二つ先の宝町駅は、夜景で有名な稲佐山に行く最寄り駅。

長崎ロープウェイ乗り場まで、徒歩10分ほどです。

 

大学病院駅までが道路の真中を走る併用軌道です。

原爆資料館・平和公園・大橋・浦上車庫までは専用軌道となり車道からは離れます。

浦上車庫を出ると再び道路の真中を走ります。

昭和町通駅は赤迫行きのみ停車する ちょっと珍しい駅。

そして住吉を過ぎると終点の赤迫駅に到着です。

00002_20190929131501

赤迫駅には待避線が無く、到着するとすぐに折り返し運転を始めます。

後方の電車は、折り返し電車が出発するまで駅の手前で待機するようなシステムになっています。

 

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

フィリピン 南北通勤鉄道の車両たち

 

前回に引き続き 南北通勤鉄道の話題です。

 

住友商事とJR東日本の子会社である総合車両製作所は、7/16に南北通勤鉄道の鉄道車両の納入契約を250億円でフィリピン政府と結びました。

車両は省エネ性能を従来より向上させた新車両。ステンレス製で軽量化も図っています。

納入されるのは全部で104両。1編成8両連結なので、13編成が納入されます。

20190717-4

納入予定の車両のイメージ写真です。

省エネ型の軽量ステンレス車両で、最高時速160キロで運行される予定です。

20190717-3

2023年にはトゥトゥバン~マロロス間が完成するので、その2023年の2月に全車両の引き渡しの予定です。

このプロジェクトは日本政府開発援助事業のひとつです。

マロロスまで開通したのち、2025年くらいまでクラーク国際空港を経由して、タルラック州のニュー・クラーク・シティまで延伸する予定です。

 

フィリピンではインフラ整備が急ピッチで進められていますので、空港・鉄道関係は今後ますます利用しやすくなっていくと思います。

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

フィリピンの南北通勤鉄道 クラーク国際空港まで延長決定

 

南北通勤線はマニラ首都圏からマロロス市までの工事はすでに始まっています。

詳細については過去ブログ参照。こちらからリンクします↓

http://divisoria.air-nifty.com/bre1/2019/06/post-b164b7.html

 

20190618-2_20190713155401

 

先日のニュースでクラーク国際空港までの延長が確実となりました。

 

7/11にアジア開発銀行は、南北通勤鉄道のブラカン州マロロス市からパンパンガ州のクラーク国際空港までの52キロの北方線延長事業について、13億ドルの融資契約をフィリピン政府と結びました。

インフラ事業が続くフィリピンでも、この融資は単独のインフラ融資案件では過去最大となるそうです。

 

フィリピン国鉄の北方線は元々ラウニオン州サンフェルナンドまで延伸していました。

当時は鉄道よりも道路整備に予算が重点的に割り当てられていたため、整備することも出来ず老朽化が激しく運行できる状態ではありませんでした。

徐々に区間区間で運休状態になり、1991年のピナトゥボ火山の噴火により全面運休。

そして廃線状態になってしまいました。

 

その後復旧計画が幾度も浮上し、政権が変わるたびに工事が始まったり、中止になったりの繰り返しでした。

今回は、しっかりと予算が付いたので実現出来そうですね。

マロロス市までの延長事業は日本の企業が担当しているので、これは確実に完成すると思います。

 

マニラ首都圏からマロロス市までは複線の高架鉄道なので、マロロス~クラーク国際空港間も同じく高架鉄道になるのだと思います。

Pnr1_20190713153501

 

トゥガデ運輸長官は『クラーク国際空港までの工事も今年中に着工して1922年までに完成したい』と言っていました。

1922年というのはドゥテルテ大統領の任期中に完成したいという思惑なんでしょうが、建設計画だと2025年くらいみたいですね。

果たして3年も短縮できるのか、マロロスまでは1923年の完成予定なので早くてもそのくらいの時期なのかもしれません。

完成後はマニラ首都圏からクラーク国際空港まで60分。最高速度160キロで運行するそうです。

フィリピン初の高速鉄道、無事に完成することを祈っています。

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

三沢の星野リゾートで廃線跡みつけた

 

青森県に所用で行った時に、前からどうしても泊まってみたかった宿に行ってきました。

『星野リゾート青森屋』です。ここは予約がなかなか取れないほどの人気の宿です。

平日だったのでなんとか予約出来ました。

青い森鉄道の三沢駅でおります。

Img_0417 

Img_0418

かつては東北本線の駅でしたが、今は地方ローカル線の駅。

ここから十和田観光電鉄という私鉄が十和田市駅まで運行されていたのですが、平成24年に廃線になってしまいました。

高校生くらいのときに一度乗りに来たことがあります。

当時は野辺地駅から七戸駅までの南部縦貫鉄道(2002年に廃線)のレールバスが人気で、その撮影の帰りに寄ったのだと思います。

その時まだこの電鉄は最盛期で、車内も結構混んでいた記憶があります。

Photo_20190707130501

まだ駅舎が残っているという情報でしたが、しかし時遅く駅前は当時の面影は全く残っていませんでした。

ちょうど駅前の再開発事業が始まっていて、しばらく残っていたレトロ感漂う十和田観光電鉄の駅舎とプラットホームはすでに撤去済みでした。

残念でした。

来年完成すると駅前広場はローカル駅とは思えないほどきれいになります。

 

 

ホテルまでは、三沢駅から送迎バスで5分ほどです。歩いても楽に行ける距離です。

その車窓から廃線跡をたどってみたのですが、すでに造成中でまるで面影は残っていません。

ホテルの玄関口に到着するすぐ手前で、一瞬だけチラッと廃線跡が見えました。

 

鉄道ファンは見逃さないです。

 

フロントでチェックインもせずに、荷物だけ預けてカメラを抱えて見に行って来ました。

Img_0400

ホテルの玄関口からわずか20メートルくらいの所にそれはありました。

草むらの中に、わずか10メートルほどですが、線路がしっかりと残ってました。

Img_0398

反対側はすでにレールが撤去されていて、電柱のみが残っていました。

いずれこのレールも撤去されてしまうのかと思います。

時間があれば付近を散策してみたかったですが、今回はスケジュールがぎっちりなのでまた次回です。

 

 

青森屋は星野リゾートが運営しているだけあって、すべてにおいてレベルが高かったです。

この宿は青森の伝統文化が楽しめるコンセプトになっています。

館内はインスタ映えする撮影ポイントがいっぱいです。

Img_0352 

Img_0331

Img_0333

民謡ショーや太鼓ショー。青森ねぶたの実演ショーなどエンタメが満載。

静かに過ごすというよりか、見て楽しむ感じですかね。

Img_0327

事前に予約すれば、夕食を食べながら青森ねぶたのショーが楽しめます。

 

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

フィリピン共和国 南北通勤鉄道

20190618-2

星の数ほどある自分の趣味の中に、『鉄道』というものがあります。乗り鉄・撮り鉄・切符収集など色々なジャンルがありますが、自分は鉄道関連ならすべてです。

フィリピンの鉄道にも興味があるのですが、残念ながらまだ1度もPNR・LRT・MRTに乗ったことがありません。

かすかに記憶があるのは、まだ学生時代に渡比した時に、ネグロス島のシュガートレインに乗せてもらったことがあるくらいかな。

あとはフィリピン滞在時に、ケソン州の田舎町でエンジン付きのトロッコに数回乗ったくらいですかね。

 

 

つい先月に大成建設がフィリピンの南北通勤鉄道事業を受注したようです。

これは日本政府の開発援助プログラムで、マニラのツゥツゥバンからブラカン州のマロロスまでの総延長38キロの北方線延長事業です。

大成建設が担当するのは、ツゥツゥバンからブラカン州のボカウーまでの21キロ。高架橋と6か所の駅舎・そして車両基地の建設を1.100億円で受注したのだそうです。

完成予定は4年後の1923年。

Pnr2-2

完成後のイメージ写真

Pnr1

最終的には延長してクラークあたりまで出来れば、マニラ空港とクラーク空港を結び、とても便利になります。

かつてPNR北方線はラウニオン州のサンフェルナンドまで伸びていたそうですが、老朽化とピナツボ火山の噴火で廃線になっています。

無事に完成したら、ぜひ乗ってみたいものです。

 

 

ブログランキングに参加してます

ポチッとひと押し Sige Na!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 


フィリピンランキング

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧